資料館

関東鉄道 キハ720形(キハ721)

2006.10.02
85072.jpg
常磐線国電区間の終端、取手駅から水戸線下館駅までの約51km余りの非電化鉄道線の関東鉄道常総線。その配置区でのスナップ。写真のキハ721は元々富山県の加越能鉄道から1973年に興し入れした車輌。気動車には珍しく新製(1964年富士重工)時から片開三扉車であったが、入線後暫くして、中央扉のみ両開扉とされた変り種。1989年に廃車となった。 ’85.8.26 関東鉄道 水海道機関区 P:梶村昭仁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加