資料館

総武流山電鉄 クモハ1301+クハ81

2006.08.09
881103.jpg
常磐線馬橋駅から発車していた総武流山鉄道は元西武の車輌で統一され編成ごとにカラフルなカラーとなって活躍していた。写真は最後の吊掛駆動の譲渡車で元クモハ551形(クモハ558)と元クハ1651形(クハ1659)で、1987年暮から活躍。愛称名「あかぎ」として閑散時のフリークエンシー向上用に同形態の別編成「なのはな」と共に2輌編成で活躍。しかし冷房が当り前の時代に勝てず元西武の後輩701・801系と順次交替しこの編成が吊掛車最後の編成として花道を飾ることとなり、2001年初夏に引退、形式消滅した。’88.11 3 鰭ヶ崎─平和台 P:梶村昭仁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加