資料館

クエ28002

2006.04.06
クエ 28002a.jpg
クハ16から改造された救援制御車。クエ28002は山間部を通る身延線用に改造された車輌で、ヘッドライトが増設され、妻面の観音開きの大扉と相俟って特異な面構えとなっている。クエ28への改造は大井、吹田、浜松の各工場で1962(昭和37)年から1965(昭和40)年にかけて行われた。総数は5輌。1985(昭和60)年までに全機廃車となった。 ‘76.8.28 沼津機関区 P:原 将人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加