資料館

京浜急行 デト32

2005.11.11
img245_c.jpg
1949(昭和24)年に、木造無蓋電動貨車デト形の改造名目で製造された無蓋電動貨車。同時にデト31も作られている。1964年(昭和39)年にも2輌(デト33,34)が増備された。主電動機は93.3kWX4、ATSの設置時に前照灯がシールドビーム化された。1988年に1000系を改造して誕生したデト10形とデチ15形に役目を譲って引退した。’76.6.27 新町検車区 P:青柳 明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加