資料館

キハ46 3

2005.11.04
img175_c.jpg
1966(昭和41)年に近郊型として横型エンジンのDMH17Hを搭載して誕生したキハ23系列の北海道バージョンのうち、片運転台の車輌がキハ46である。出入り口をデッキ化したり、側窓も一段上昇の二重窓にするなど、酷寒地向けの仕様となっていた。製造はわずか6輌で1992年には姿を消している。 ’82.10.6 札幌 P:青柳 明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加