資料館

小田急電鉄 クハ4051

2005.10.07
img025.jpg
2600形と同じ20mの大型車体に、HB車、AFB車といった旧型車のモーターを流用して新造した形式で、1966年に登場した。当初はMc+M+Tcの3連で、台車もパイオニアを履いていた。1974年からは中間にM車を2両組み込んで5連化された編成も登場した。1985年から冷房化・高性能化改造が施されたが、3000形の投入で2005年に全車廃車。写真は1967年11月の小田急デパート完成記念塗装が4001Fに施されたときのもの。 ’67.11.29 成城学園前 P:青柳 明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加