資料館

京王デハ2012

2005.09.21
2010のコピー.jpg
1959年に登場した2000系の後継車。昇圧対策として中間に付随車を挟む設計のため、主電動機は110_にアップした。14mのHL車を改造したサハ(2500系)を2輌挟んだ4連で22Fまで落成したが、23〜26Fは2010系とそろった大型のサハを新製している。その後、5070系に電装品を供出したデハ2700を改造したサハなどに順次置き替えられ、最後まで14mのサハで残った11〜13FもHSC化を機に大型のサハとなった。1984年に廃車されるも、一部は伊予鉄道で現在も活躍中である。
‘67.10.8. 高幡不動 P:青柳 明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加