資料館

函館本線/二股―蕨岱

2006.08.07
かつてC62重連が疾駆した峠道
04_hutamata.jpg
2005.8.14 
中山恵美(神奈川県愛川町)
【ガイド】 長万部から小樽に向かう函館山線、かつてC62重連が苦闘した目名峠へかけての勾配を、軽々と駆け上がっていく気動車を狙う。ちょうど国道のパーキングの前なので、車でのアプローチが便利。背景に入る、高圧電線の処理がポイント。すぐ付近に跨線橋もあり、違った角度からのフレーミングも可能。スター列車と呼べるものはないが、イベント列車・迂回運転などの際のためにチェックしておこう。
【レンズ】320mm相当
【アクセス】二股、蕨岱どちらからも、国道5号で3kmほど。車なら長万部市街から国道5号で10kmほど、左側にパーキング。黒松内方面からは、蕨岱を過ぎて線路をオーバーパスしてすぐ右側にパーキング。
【国土地理院1/25,000地形図】黒松内
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加