資料館

払暁のはくつる

2010.04.15
100414_583.jpg
就職してモノクロ現像が億劫になったので、モノは試しとイルフォードXP-1を携えて東北旅行に出掛けた。現像はラボ任せだし、超高感度・超微粒子なのに豊かな階調と良い事尽くめの触れ込みだったが、印画紙焼き付けの勝手がトライXと違い、それっきりとなってしまった。最近になってスキャナーで取り込んでみると、その宣伝文句には偽りは無かったかな、と改めて見直した次第。 ’82.5.4 金谷川-南福島 P:石原裕紀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加