資料館

磐越西線/日出谷―鹿瀬

2006.07.14

レンズごとに大きく雰囲気の異なる写真が撮れる撮影地
日出谷 DC05050302.JPG
2005.5.5
矢野登志樹(神奈川県川崎市)
【ガイド】 阿賀野川に架かる上部トラス橋を渡り、カーブしてくるところをアウトから狙う。構える位置により、広角から超望遠まで幅広くお好みのレンズが選択出来る。光線状態は午後が順光となる。高圧線鉄塔が少々気になるが、反対側から来る列車も狙える。土・日祭日に運転されるC57 180牽引の〈SLばんえつ物語〉号も、日の長い時期であれば撮影可能だ。線路際の杭の処理に注意したい。
【レンズ】85mm相当
【アクセス】日出谷駅前の道を道なりに進み、道路が右カーブして下る途中を左折し阿賀野川を渡る。道路が下り坂になり右手に線路が見えるあたりがポイント(約1km)。車では磐越道「西会津IC」または「津川IC」からそれぞれ20分。
【国土地理院1/25,000地形図】日出谷
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加