資料館

予讃線/伊予桜井-伊予富田

2015.03.10
四国の名峰を望む撮影地
20150310123706-91b118fbaea39c5f420a19784ac646769ff22c83.jpg
2015.3.5
名尾 優(千葉県)
【ガイド】ここは、水田の中にある踏切だが、列車の背後に石鎚山などの四国の名峰を望む撮影地で、レンズ画角を変えて四季折々の撮影が楽しめる。
【レンズ】85mm
【アクセス】伊予桜井駅で下車したら、約1.5kmほど今治方向に歩いたところにある踏切付近がポイント。踏切名は「千原踏切」(139km085m)。車では今治小松自動車道の今治湯ノ浦ICを出て、国道196号今治バイパスを松山方向に4kmほど進むと、中央消防署東分署のすぐそばにポイントの踏切に達する道がある。
【国土地理院1/25,000地形図】今治東部
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加