資料館

函館本線/朝里-銭函

2014.07.16
終焉を迎える711系を狙う
-20140713-zenibako.jpg
2014.7.13
佐々木裕治 (北海道)
【ガイド】函館本線は、小樽築港から銭函にかけて日本海を見ながら列車は進んで行く。ここは銭函駅に近く、右手に日本海を入れてり下り列車を撮影するポイント。列車は海岸線を左カーブした後、直線を進んで来る。午前中が順光で、レンズは望遠から標準。
【レンズ】55mm
【アクセス】銭函駅から左(小樽方)に進み、踏切を左手に線路沿いの歩行者道路を進むと海岸線に出る。徒歩約10分。車では札幌市内から約40分。国道5号を銭函駅目指して進む。付近一帯は駐禁。駅前に有料駐車場あり。
【国土地理院1/25,000地形図】銭函
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加