資料館

奥羽本線/鯉川-八郎潟

2013.03.04
130311_ef510.jpg
2013.1.23
名尾 優 (千葉県)
単線区間で上り列車を撮る
【ガイド】ここは八郎潟付近の広大な水田地帯を走る列車を、踏切付近から撮影できるポイントだが、午前中に上り列車が完全順光となる。ただし、ポイントの踏切は冬期間通行止めとなり、踏切に達する道路も除雪されなくなるので、深雪対策が必要となる。
【レンズ】50㎜
【アクセス】鯉川の駅から線路沿いの道を歩くと2.5㎞ほどだが、冬期間に歩くのは少々無理がある。車だと秋田自動車道の五城目八郎潟ICを出て、国道7号を4㎞ほど青森方向に進むと、奥羽本線を乗り越える陸橋があるが、陸橋の付け根付近に左の水田地帯に下りていく県道219号がある。そこ入ると、間もなく下にポイントの踏切が見える。踏切名は鳩の崎踏切(331km181m)。
【国土地理院1/25,000地形図】五城目
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加