資料館

福知山線/黒井-石生

2009.09.28
単線区間を行く旧塗色「北近畿」の編成写真を撮る
ota090928_183.JPG
2009.9.26
中司朔良(兵庫県)
【ガイド】福知山を12時48分に出る3022M「北近畿12号」は、撮影可能時間帯を走る上り旧塗色B編成のラストである。走行時間帯と線形からして、同列車を順光で撮影出来る区間は、上り列車が西または南東を向く区間に限定される。ここ黒井-石生は、西を向く単線区間で、尼崎起点87.5キロポスト付近にある「新才踏切」の前後が撮りやすい。3022Mの通過は13時03分頃。作例は、同踏切のやや石生寄りの里道脇よりやや俯瞰気味に撮るアングルだが、今年は彼岸花の季節が枕木交換時期と重なってしまった。
【レンズ】35mm
【アクセス】黒井駅下車。線路北側から南側に出て、国道175号線を西進。約1.5kmで「石才」交差点に至る。このすぐ北が「新才踏切」。車なら国道175号線、黒井駅の約1.5km西方にある「石才」交差点を目指す。
【国土地理院1/25,000地形図】柏原

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加