特集・コラム

「鉄道と過ごした夏」その10 風を車内いっぱいに入れて【鉄道投稿作品集】

2022.07.26

鉄道ホビダスに投稿いただいた作品のなかから、「夏」をテーマにした写真・エピソードをお届けします。

ただでさえ暑い名古屋地方の夏を、冷房なんかついてないのが当たり前の旧型電車が走ります。全開にした前面窓から吹き込んでくる風が、涼しさのせめてものよすがでした。

1999年8月 名古屋鉄道 谷汲線 長瀬-谷汲 P:君島弘道

【編集部追記】
写真の名鉄モ750形は、旧名古屋鉄道時代の1928年にデセホ750形として登場し、のちにモ750形へと形式変更が行われた。揖斐線、瀬戸線などで運用され、晩年は谷汲線で走っていたが、2001年に同線が廃止となったことから引退した。

鉄道ホビダスは「鉄道投稿情報局」や「今日の一枚」といった投稿型コンテンツが充実しています。また、7月31日まで「鉄道と過ごした夏」と題して期間限定テーマでの投稿作品も募集中です。撮影時のエピソードや列車の紹介などを添えて投稿してください。みなさんの投稿をお待ちしています!
投稿はこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185系