特集・コラム

古都の美しさを車両に込めて! 近鉄の観光特急「あをによし」が公開に

2022.04.23

photo & text:RM
取材日:’22.4.23 場所:東花園車庫
取材協力:近畿日本鉄道


 4月29日のデビューを予定している近鉄の阪奈京観光特急19200系「あをによし」が報道公開された。12200系を改造して作られた専用車両は4両編成で、車内外に三都の文化や歴史が感じられるデザインやモチーフが数多く盛り込まれている。この春注目の観光列車の姿をじっくりとご覧いただきたい。

車体色は、「紫檀メタリック」と名付けられたと紫色のメタリックカラーにゴールドの差し色。紫色は平安時代に高貴な色とされたことから採用されたという。

車内外の写真はこちらから↓

この記事のすべての画像をみる

正面には砲金鋳物のエンブレムが鎮座する。幸せの兆し「花食い鳥」がモチーフになっていて、東京オリンピック2020のメダルデザインを担当した川西純市氏の作である。

深い色調のメタリックカラーの影響により。日差しの具合で全く異なる表情を見せる「あをによし」。側面には正倉院の宝物をイメージしたラッピングが施されてる。

奈良で進行方向を変える際にも座席転換が不要となるよう、車内は2名用のツイン席(72席)と3~4名用のサロン席(12席)で構成されている。

2号車はグループ向けにパーテーションを設けたサロン席。全12席が用意されている。

関連記事
4月29日運行開始! 近鉄の観光特急「あをによし」、運行ダイヤや車内販売メニュー発表!
初日分は20分で完売! 話題の観光特急「あをによし」の記念乗車券&入場券は4月18日発売!
大阪~奈良~京都を結ぶ観光特急「あをによし」、利用料金が決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185系