特集・コラム

9月の鉄道のデキゴト「貨物鉄道博物館開館(2003年)」

2021.09.24

text:RM

ボランティア運営による高密度の鉄道博物館!

 「○月の鉄道のデキゴト」は、当月にあった過去の鉄道の「デキゴト」(路線の開通や車両の新製・廃車、そのほかの事件など)を振り返るコーナーです! ティーブレイクにでも気軽にお楽しみください。

▲左を行く線路は三岐鉄道三岐線。この場所はかつて丹生川駅の貨物側線があった場所で、上屋をそのまま博物館の建物として利用している。
‘18.11.4 三重県いなべ市 貨物鉄道博物館 P:鉄道ホビダス

 今回は、18年前となる2003年9月15日のデキゴトから振り返ってみましょう。今も価値ある活動を継続している、三重県いなべ市の貨物鉄道博物館がこの日に開館したのです。

▲同館のシンボル的存在である39号蒸機は、イギリス・シャープスチュアート製で、現役最後を東武鉄道で迎えた後、長年東京の昭和鉄道高校で保存されていたもの。
‘18.11.4 三重県いなべ市 貨物鉄道博物館 P:鉄道ホビダス

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加