特集・コラム

9月の鉄道のデキゴト「関東大震災で根府川駅列車転落事故(1923年)」

2021.09.06

text:RM

■土石流が一瞬で列車を飲み込んだ…!

 「○月の鉄道のデキゴト」は、当月にあった過去の鉄道の「デキゴト」(路線の開通や車両の新製・廃車、そのほかの事件など)を振り返るコーナーです! 本日は史上の惨事にまつわる記事。お気軽に…とは申しません、教訓にしていただければと思います。

▲現在の根府川駅は2面3線。中線は試運転列車の折り返しなどで重宝される。
‘19.6.21 東海道本線 根府川 P:辻森章浩(今日の一枚より)

 98年前となる1923年9月1日、あの関東大震災が発生しました。鉄道も各地で被災しましたが、その中でも最も大規模となってしまったのが、現・東海道本線根府川駅。進入中の列車が駅もろとも土石流の直撃を受け、海中まで転落。乗客や駅にいた人など、112名が亡くなったとされています。

 根府川駅と言えば、小田原駅から2駅目。隣の早川駅あたりから車窓は海沿いのローカル風景になり、東京からの下り列車では「旅に出た実感」が感じられる駅でしょう。撮影派の方にとっても、名撮影地が近くおなじみの駅になると思います。しかし被災した時点ではまだ開業1年目という新しい駅でした。

▲「TRAIN SUITE 四季島」が早朝、出発を待つシーン。相模湾の朝焼けが美しい。
‘20.12.20 東海道本線 根府川 P:烏田倫宏(今日の一枚より)

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加