特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:4-5 天竜浜名湖鉄道 尾奈駅

2021.08.01

取材日:’21.4.15
text & photo(特記以外):羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジンで好評連載中の「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介しております。2021年9月号では、7月号につづいて天竜浜名湖鉄道の後編を掲載。前編が天竜二俣駅1ヶ所だけで構成したのに対し、後編ではほかにも見どころなる駅やスポットを多数取り上げました。WEB編の今回は、路線中かなり西の方(下り方)に位置する尾奈(おな)駅を紹介してまいります。

▲イラスト:遠藤イヅル(再掲)

▲尾奈駅の棒線ホームに入線してきた掛川行き列車。

 当駅、別に文化財などに登録された駅舎…というわけではありません。とはいえ1936年の開業時から存在するものではあり、また形態的には非常に類例の少ない特殊なものではないでしょうか。地図で見ると線路と道路(国道301号)が並行していますが、線路は築堤で一段高いところを走っており、駅舎は道路との間の狭い敷地、築堤の法面にめり込むようにして建っています。

▲尾奈駅駅舎全景。線路と道路の高さの違い、そして駅舎敷地の狭さがわかる。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185系