特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:3-6 銚子電鉄 仲ノ町駅(パールショップともえ仲ノ町)(前編)

2021.05.05

取材日:’21.2.25
text & photo(特記以外):羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジンで好評連載中の「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介しております。発売中の2021年5月号で取り上げた銚子電鉄を、WEB編では外川駅から順に上り方向へと進み補完しております。今回は当鉄道の本社と車両基地・工場を併せ持つ中枢的存在、仲ノ町(なかのちょう)駅を見ていきます。

▲平日午前、のんびりした空気が流れる仲ノ町駅構内。左手に見える銀色のタンクはヤマサ醤油第一工場のものだ。

 ネーミングライツは千葉県香取郡多古町に本拠を置くパチンコ・パチスロ店運営の(株)カクタが取得しており、同社が運営するチェーン店の名称をずばり冠した「パールショップともえ仲ノ町」と愛称が付けられています。前回、「観音駅は路線中、唯一町中にある駅」だと記しましたが、より市の中心に近い当駅はそうじゃないのかと言えば、「町中ではなくて、工場の中にある駅」というのがふさわしいでしょう。なにしろ、線路の両側をヤマサ醤油の工場に挟まれた形になっており、民家や商店などは付近にほとんど無いのです。

▲駅本屋+本社屋の建物。入口は左手にある。「パールショップともえ」の駅愛称の看板も確認できる。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加