特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:3-4 銚子電鉄 笠上黒生駅(髪毛黒生)

2021.04.11

取材日:’21.2.25
text & photo(特記以外):羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジンで好評連載中の「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介しております。発売中の2021年5月号の連載第3回では銚子電気鉄道を取り上げました。このWEB編ではその補完記事を週刊でお届けします。今回は路線のほぼ中央に位置し、唯一の上下列車交換駅でもある笠上黒生(かさがみくろはえ)駅を見ていきましょう。

▲路地を抜けたところにひっそり建っている、笠上黒生駅の駅舎。

 まずはネーミングライツによるユーモラスな愛称に触れないわけにはいきません。それは…「髪毛黒生(かみのけくろはえ)」。元の駅名の「黒生」の部分に引っ掛けた、薄毛に悩むすべての方の願い(筆者も例外ではなく…)を託したものとなっています。ネーミングライツはスカルプケア&ヘアケアアイテムの製造販売を行う(株)メソケアプラスが取得しており、やはり直接的なCM効果を狙うのではなく、こうした本業にも絡む話題性を提供することで鉄道を支援していきたいという狙いがあるとのこと。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加