特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:3-3 銚子電鉄 海鹿島駅・西海鹿島駅

2021.04.04

取材日:’21.2.25
text & photo(特記以外):羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジンで好評連載中の「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介しております。発売中の2021年5月号の連載第3回では銚子電気鉄道を取り上げました。このWEB編ではその補完記事を週刊でお届けします。今回は前回の君ヶ浜駅から上り方向へ進み、海鹿島・西海鹿島の2駅を見ていきましょう。

▲踏切の脇に建つ海鹿島駅の駅舎。階段でホーム高さまで上がった位置にある。

●海鹿島駅(関東最東端より銚子港直送 千葉石毛魚類 海鹿島)
 「海鹿」と書いて「あしか」と読ませます(当て字です)。かつてアシカやトドが多く生息していた海鹿島が洋上にあり、そこから取られた地名です。ネーミングライツは千葉市の鮮魚店・(有)石毛魚類が取得。この駅が関東で最東端にある鉄道駅ということをアピールした愛称名となっています。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加