特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:3-1 銚子電鉄 外川駅(ありがとう外川)

2021.03.21

取材日:’21.2.25
text & photo(特記以外):羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジンで好評連載中の「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介しております。3月19日に発売となった2021年5月号の連載第3回では銚子電気鉄道を取り上げました。このWEB編ではその補完記事を週刊でお届けします。今回は初回として、終端の外川(とかわ)駅を見ていきます。

▲昭和時代から変わらぬ佇まいの外川駅駅舎。

 銚子電鉄と言えばここ近年は菓子の「ぬれ煎餅」や「まずい棒(「経営がまずい」というのを自虐したネーミングで、味は美味しい)」、自主制作映画『電車を止めるな!』など、鉄道事業の苦境を逆手に取った非常にユニークな取り組みで知られています。千葉県の東の突端である銚子市にあって、総武本線の終点・銚子から外川を結ぶ6.4kmのミニ私鉄です。

▲イラスト:遠藤イヅル

 しかしその歴史は古く、1913年に銚子遊覧鉄道として銚子~犬吠が開業したのが起源です。第一次世界大戦の影響もあって一旦廃線となるのですが、1923年に外川まで延伸の上で銚子鉄道として復活。この時は非電化でしたが、2年後の1925年には電化され、後に社名も現在の銚子電気鉄道に(余談ながら、国鉄の総武本線の銚子電化は約50年後となる1974年)。その後紆余曲折はあったものの、本質的にはあまり変わらないまま、今も運行を続けています。

▲ネーミングライツでの駅愛称「ありがとう外川」を示す駅名板(「ありがとう感謝」と記してある)。

 銚子電鉄ではネーミングライツによる一風変わった駅愛称が各駅に付けられ、駅名板にも記載されています。ライツ取得者はいずれも広告効果というよりは、鉄道経営を少しでも助けたいという意向を持っているようです。本連載でも各回の見出しにそれをなるべく記載していこうと思います。今回の外川の愛称は「ありがとう外川」。ライツ取得者は千葉県松戸市の早稲田ハウス(株)ですが、社名は敢えて入れなかったとのことです。

▲駅は、線路と並行する道路との間の細長い土地に建てられている。手前側は駐車スペースとして利用可能。

▲保存車デハ801の横から、入線してきた3000形を見る。

▲現在は駅員がいない状況だが、待合室内は様々な掲示物がある。

 その外川駅ですが、この木造で小ぶりな駅舎、本当に昔から変わっていないのが印象的です。筆者が生まれる前の古い写真を見てもほぼそのままと言っても過言ではありません。レールに対して平行に建てられた切妻・妻入りの建物で、外板は下見板張り。そして入り口の面からホームに掛けて、大き目の差し掛け屋根が回されているのが特徴です。

▲新建材で張り替えられることが多い下見板がここでは健在。

▲保存されているデハ801は本線につながるレール上に置かれている。

 ホームは駅舎に面した1面1線で、線路配置的には機回しができる側線があるのですが、現在はその途中に廃車となったデハ801が静態保存で置かれており、機回しはできません。とはいえ現在本線走行可能な車両で機回しが必要な事態は起き得ませんが…。このデハ801は元伊予鉄道のモハ106で、銚子電鉄では1985~2010年に活躍。デハ701・702と共に、同社最後の吊掛式電車となりました。

▲ホームの銚子方先端は少し高くなっている。背面の柵もそれに応じて角度が付いている。

▲逆に高い方からホームを見る。

 さて銚子方のホーム先端に行くと、スロープで少し高くなっています。実はここ、2009年に同社初の2両固定編成の2000形(元伊予鉄道800系←京王2010系)が導入されるにあたって延長された部分で、恐らくバリアフリーの観点から新設する部分だけでも嵩上げをしたのだと思います。そういえば、先ほど「変わらない」と記してしまった駅舎にしても、入り口につながるスロープがかつては急傾斜で段差もあったのに対し、今は長さをしっかりとった緩い傾斜で幅も広いものになっていました。

▲駅舎とは対照的に、新築されたばかりのトイレ。

▲花壇のある中庭には、「笑顔の塔」なるモニュメントも。

 それにトイレも2016年に新築され快適なものになっていますし、中庭的な部分に「笑顔の塔」なるモニュメントも建てられています。こういうところがちゃんと「生きている鉄道」の所以であり、古いものと新しいものが絶妙にミックスされているところに興趣を覚えるのが、我々レイル・ファンなのではないでしょうか。

▲イラスト:遠藤イヅル

▲日没による取材終了後、1往復乗車した時のスナップ。白熱灯の暖かい光が最高。

🔶レイル・マガジン2021年5月号(448号)新刊情報

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加