特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:2-5 東武日光線・鬼怒川線 大桑駅

2021.02.27

取材日:’20.12.21
text & photo(特記以外):羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジンで好評連載中の「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介しております。発売中の2021年3月号では東武鉄道日光線・鬼怒川線を掲載し、WEB編ではその補完をしていきます。前回で日光線の散歩を終わらせ、一度今市市街地へ戻り、今度は鬼怒川線へ。その大桑駅を見ていきましょう。

▲大桑駅の駅舎は小ぶりなプレハブ建築。

…と、その前に、方向は見当違いなのですが貴重な東武車両の保存車が近隣にあるとのことで寄り道。下今市駅の裏手を走るバイパス沿い、駅からは2kmほど離れていますが「日光のけっこう漬本舗 森友バイパス店」に、2両の機関車が静態保存されているのです。しかもその1両は東武の凸型電機、ED4011! 「東芝戦時型凸電」と呼ばれるグループで、東武には4両在籍したうちの1両です。もう1両の小さい方は、協三工業製の貨車移動機。2両とも現状での状態は比較的良好ですので、お土産購入がてらの見学もお勧めいたします。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加