特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:2-4 東武日光線・鬼怒川線 東武日光駅

2021.02.21

取材日:’20.12.21
text & photo(特記以外):羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジンで好評連載中の「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介しております。発売中の2021年3月号では東武鉄道日光線・鬼怒川線を掲載し、WEB編ではその補完をしていきます。今回は前回の(JR)日光駅から少し坂道を上ったところにある、東武日光線の終点、東武日光駅とその周辺を見ていきましょう。

▲山小屋風の三角屋根がユニークな東武日光駅舎。

 東武日光線の開業は、国鉄(→JR)日光線に遅れること39年の1929(昭和4)年。しかし当時の(鉄道省)日光線は単線非電化であったのに対し、東武日光線は当初から複線電化であり、しかも始発駅からの距離も短かったことから、東京からのアクセスに優位性を確保していました。(国鉄)日光線が電化されてからも優位は覆らず、かつて繰り広げられた両鉄道のライバル物語は東武の勝利に終わったのです。2000年代に入り、JR車による優等列車の東武日光乗り入れ、東武車による優等列車の(JR)新宿乗り入れが開始され、今は共同関係にあることはご存じの通りです。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加