特集・コラム

第3回 153系大量置き換え計画、始動

2021.01.06

■185系に153系併結用装備がつけられたワケ
 ローカル輸送では、朝の通勤時間帯に車両使用数のピークを迎えるのが一般的で、1970年代後半の東京圏においては、急行編成を動員してまで朝ラッシュの輸送力を確保してきた。
 その中でも、田町電車区配置の153系は伊豆への急行運用はもちろんのこと、通勤時間帯でさえ第一線で使用されており、置き換えに当たっては、この優等列車と通勤の兼用車両という難題を解決することが必要であった。また、田町電車区の153系電車の運用をつぶさに分析して置き換え計画を練って行くと、最初に見えてくるのは計画の実行過程で大幅な列車運休をしないかぎり、基本編成と付属編成を同時に置き換えることは難しいという事実だった。

153系5両付属編成(奥)と185系10両基本編成(手前)が併結された急行「伊豆」。

’81.4 東海道本線 根府川~真鶴 P:松尾よしたか

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加