特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:1-5 御殿場線 松田駅

2021.01.02

取材日:’20.10.27
text & photo(特記以外):羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジン2021年1月号から新連載となった「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介して参ります。連載第1回でお送りしているのは、JR東海の御殿場線。そのWEB編5回目では、前回の山北駅から2駅上り方向へ進んだ松田駅を見ていきましょう。

▲松田駅1番線に停車中の上り「ふじさん」。当駅で運転士も小田急社員に交代する。

 この駅も、同線開業時(1889年)に、当初から開設された歴史ある7駅のうちの一つ(本連載で既に取り上げた御殿場・駿河小山・山北も同)。酒匂川とその支流・川音川の合流点に近い、古い宿場町です。この駅は御殿場線の中間駅の中で唯一他の路線との接続がある駅でもあります。駅の国府津寄りで小田急小田原線と立体交差しており、その新松田駅とは至近距離で乗り換えが可能なのです。歴史は無論松田駅の方が古く、新松田駅の開業は松田駅に遅れること38年。ちなみに地形の都合からか、後からできた小田急線の方が立体交差で下側になっているのがちょっと不思議な構造ではあります。そして当駅から東京方面へは圧倒的に小田急利用の方が便利ということもあり、駅の規模としては新松田駅の方がはるかに大きく、乗降客数で言うと1日平均で松田駅が3,000人強なのに対し、新松田駅は22,000人強となっています。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加