特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:1-3 御殿場線 駿河小山駅

2020.12.12

 取材日:’20.10.27
text & photo:羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジン2021年1月号から新連載となった「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介して参ります。連載第1回でお送りしているのは、JR東海の御殿場線。そのWEB編3回目では、前回の足柄駅からさらに一駅上り方向へ進んだ駿河小山駅を見ていきましょう。

▲いかにも昭和40年代の国鉄建築、という感じの近代的駅舎。現在は無人駅というのがちょっと信じがたい。

 御殿場線の駅舎は、明治時代~昭和初期にかけての木造のものを大切に使っているものが多く、さすがにごく近年になって完全に建て替えられる例も多くなりましたが(前回の足柄駅のように)、昭和時代中盤に建て替えられたケースはあまり多くありません。そんな中でこの駿河小山駅は非常にレアなケースと言えるでしょう。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加