特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:1-1 御殿場線 御殿場駅

2020.11.28

 取材日:’20.10.27
text & photo:羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジン2021年1月号から新連載となった「シーナリー散歩」。シーナリー(scenery)とは鉄道模型用語でいうと情景を構成する風景、というような意味合いです。この企画では全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介しようという試み。

▲御殿場駅の富士山口。駅舎自体は1987年より使用されている橋上駅で、こちらの富士山口から見ると、屋根が山小屋風になっている。

 実は、1990年代後半、姉妹誌RM MODELSと本誌レイル・マガジンにて連載された「模『景』を歩く」の現代版、という位置づけにもなります。このWEB編では、誌面では掲載しきれなかった写真や情報を落穂拾いの形でご覧に入れたいと思います。あくまで本編は雑誌掲載の方で、そちらには取材に同行してくれたイラストレーター・遠藤イヅルさんによる魅力的なシーン解説なども収録されているので、ぜひご覧ください。

 連載第1回は、RM446号の特集テーマが「東海道本線五十三次」であったことに絡めて、JR東海の御殿場線を訪ねました。有名な話ですが、当線はもともと東海道本線の一部(厳密には、開業時は路線名はなかった)として開業し、昭和初期には超特急「燕」なども走っていた大幹線でした。しかし難工事の末に丹那トンネルが開通すると、より平坦で距離も短い熱海経由が東海道本線に切り替わり、旧ルートは新たに「御殿場線」という名称で主に地域輸送に勤しむことになります。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加