特集・コラム

根強い人気を誇る名機! 国鉄が誇る機関車EF66を精密模型で手元に

2020.11.10

■EF66形電気機関車の概要

 EF66形電気機関車とは1966(昭和41)年に試作機、その後1968(昭和43)年に量産された国鉄が誇るハイパワー機関車で、誕生から半世紀経った今なお根強い人気を誇る機関車である。登場から長年は高速貨物列車の牽引で活躍していたが、1985(昭和60)年からはブルートレインの牽引にも充てられた。JR化後にも改良型の100番代が増備されるも、国鉄時代に製造された0番代を中心に徐々に数を減らしていき、現在では0番代の現役は1両のみ。100番代でも廃車が始まっている。

 新型機関車にも引けを取らない長大な貨物列車の牽引もさることながら、花形であったブルートレイ

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加