鉄道ホビダス

後藤寺線の最近の記事

新飯塚駅

shiniiduka_seta_syuichi001.jpg
筑豊本線と後藤寺線の接続駅。以前は貫禄ある木造駅舎でしたが、橋上駅に建て替えられ、それにより駅裏だった東口が利用できるようになりました。市役所・警察署等の主要機関や中心市街地へは、隣駅の飯塚よりも当駅のほうが近いです。

上三緒駅

kamimio_seta_syuichi.jpg
新飯塚を出発し、車窓右手遠くにボタ山を眺めながら数分、一面のホームと簡易な駅舎の当駅に到着します。かつては貨物支線が分岐していたそうです。住宅街の中の目立たない場所にあり、周辺は静かです。

筑前庄内駅

chikuzensyonai_seta_syuichi.jpg
カーブを描く1面のホーム上に簡易な待合スペースがあるだけの無人駅。周辺には民家が固まっており、委託を受けた駅前の商店で切符を販売しています。ここから隣駅の船尾にかけては、ちょっとした峠越えとなります。

船尾駅

funao_seta_syuichi.jpg
周辺に民家は見当たらず、駅前のセメント工場の存在感が際立っています。趣きのある2階建駅舎は解体されてしまい、現在はホーム上に簡易な待合スペースがあるだけです。駅前散策の際は、セメント工場に頻繁に出入りするダンプカーに注意が必要です。

下鴨生駅

shimokamoo_seta_syuichi.jpg
島式1面2線の無人駅で、読みは「しもかもお」。以前は下山田に至る漆生線が分岐していました。風格のある木造駅舎は解体されてしまい、現在は写真右手の駅名板にその名残をとどめるのみです。

田川後藤寺駅

tagawagotoji_seta_syuichi.jpg
隣駅の田川伊田とともに、かつての炭都・田川市を代表する駅。JRと平成筑豊鉄道が共用する駅舎は比較的新しいのですが、跨線橋は以前からの古いものが引き続き使用されています。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.