鉄道ホビダス

2008年7月アーカイブ

塩浜駅

shiohama_hayashi_nobuhiko.jpg
関西本線四日市駅より分岐する貨物支線の駅です。非電化のためDD51や専用機が入れ替えを担当しています。これより南にも専用線が伸びており、石油や化学成品を積むタンク車が主な貨物です。
 隣接して近鉄塩浜駅があります。

大宮駅

omiya_hayashi_nobuhiko.jpg
改札は地下1階、ホームは地下2階。周囲は以前呉服関連の会社、加工業などが多く賑わったが、現在はマンションが多く建ち少し寂しいターミナルに変化してしまった。駅ビルの2、3階には昔ボーリング場もあった。交差点向かいに嵐電四条大宮駅がある。

大森駅

omori_hongo_yukio.jpg
島式1面2線の駅。西口側は東急バス、東口側は京急バスが発着している。駅近くに大森貝塚(縄文時代の貝塚)がある。

蒲田駅

kamata_hongo_yukio.jpg
京浜東北線は島式2面3線の駅。駅南西には蒲田電車区がある。当駅付近には昔、映画の撮影所があり、その関係者の利用が多くなり、蒲田の駅ができたとも言われています。
 現在、京浜東北線の北行、南行は、キネマの天地、蒲田行進曲と、フレーズ違いの発車メロディーとなっています。

大塚駅前電停

otsukaekimae_hongo_yukio.jpg
都電で最後まで残った荒川線。すべてワンマンカーで運転され、新車の導入も予定されています。昔に比べると、全線の所要時間が長くなった様です。

大塚駅

otsuka_hongo_yukio.jpg
島式1面2線で、ホームの下を都電荒川線が走っています。また、昔は錦糸町駅行の都電だった路線が都バスとして現在も走っています。

巣鴨駅

sugamo_hongo_yukio.jpg
島式1面2線で都営地下鉄三田線との乗り換え駅。近くに「おばあちゃんの原宿」と言われる、とげ抜き地蔵の高岩寺があります。かつて駅前の国道17号線には志村橋まで都電が走っていました。

駒込駅

komagome_hongo_yukio.jpg
山手線は島式1面2線構造の駅。運行本数が多いことから山手線に踏切はないと思われがちですが、少し前までは池袋―目白間に1箇所、駒込―田端間に2箇所ありました。現在でも駒込―田端間に1箇所だけあります。

南橋本駅

minamihashimoto_kusayanagi_takanori.jpg
最近建て替えられた南橋本駅。近くにはマンションやスーパーがあり賑やかですが、真昼間は閑散としています。因みに少し先には橋本工業団地があります。

大嵐駅

ozore_nishimura_sadao.jpg
前後をトンネルに挟まれた場所に建っている無人駅。駅の所在地は静岡県浜松市だが、駅の利用者は天竜川を渡った先の愛知県豊根村(旧富山村)の人々で、富山村がこの駅を建てたという。

浮間舟渡駅

ukimafunado_hongo_yukio.jpg
東京都北区浮間と板橋区舟渡にかけての位置で駅名となる。島式1面2線の各駅停車の駅。

北赤羽駅

kitaakabane_hongo_yukio.jpg
島式1面2線構造で普通のみの停車駅。赤羽から1.5kmの西北方向にある高架駅で、下部近くに新河岸川が流れている。

西川口駅

nishikawaguchi_hongo_yukio.jpg
西川口駅は島式1面2線、京浜東北線の駅です。埼玉高速鉄道が開通する前までは、鳩ヶ谷市からのJR最寄駅として国際興業バスが数多く運行されていました。

川口駅

kawaguchi_hongo_yukio.jpg
埼玉県川口市栄町に位置する島式1面2線の駅で、京浜東北線が停車します。昔は駅東口から、肌色時代の都営バスの東京駅北口行と浅草寿町行が出ていました(車掌乗車)。

赤羽駅

akabane_hongo_takiko.jpg
現在の赤羽駅はすべて高架ホームとなり、島式4面8線構造。東北本線(JR宇都宮線)、高崎線、京浜東北線、埼京線、湘南新宿ラインの列車が発着し、線路は基本4方向に出ています。またその上を、新幹線の2線が通っています。

大久保駅

okubo_hongo_yukio.jpg
中央本線の駅です。島式1面2線で、早朝・深夜を除いて総武本線直通する各駅停車の駅です。改札は南北の2箇所にあり、北口前の大久保通りを東に約300m進んだところに、山手線の新大久保駅があります。

新大久保駅

shinokubo_hongo_yukio.jpg
新大久保駅は山手線の駅で、島式1面2線。大久保通りに改札口があり、そこから西すぐ近くに中央本線(各駅停車)の大久保駅があります。場合によっては混雑する新宿でなく、徒歩で乗り換えしてみてはいかがでしょうか。ただしフリー切符に限りますが。

高田馬場駅

takadanobaba_hongo_yukio.jpg
JR山手線は島式1面2線構造。近くに手塚プロダクションがある等の理由で、駅の発車メロディーは「鉄腕アトム」のテーマソングです。電車に乗って各駅の発車メロディーを聴き比べるのも、旅の一つかも知れません。埼京線の通過線の東側に西武新宿線の駅があり、東京メトロ東西線は地下駅。

十条駅

jujo_hongo_yukio.jpg
十条駅は相対式2線で埼京線(路線名は赤羽線)の駅。当駅から直通で北は川越、南は新木場まで行くことができる。昔は、池袋―赤羽間で3本の茶色の電車が唸りながら走っており、真夏は窓三段を上部に上げることで、心地よい風が車内にきていました。

浅草橋駅

asakusabashi_hongo_yukio.jpg
JR浅草橋駅は相対式2線で、浅草への下車駅と間違えるお客様がいるそうです。
 西口と東口があり、東口からは都営地下鉄浅草線に乗り換えが出来ます。駅近くには人形、玩具、衣料品の卸問屋があり、時間を忘れて見るのも面白いかもしれません。

秋葉原駅

akihabara_hongo_yukio.jpg
秋葉原駅のJR線は立体構造となっており、南北に島式2面4線で京浜東北、山手線が、その上部は東西に相対式2線で総武本線(各駅停車)が位置する。さらに東側地下には東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレス線がある。
 電気街で有名なほか、大型家電量販店の進出、さらにはメイド喫茶やコスプレ等、最先端の文化を築く街で、日本各地はもとより、海外からも色々な人が集まる。

本牟田部駅

honmutabe_seta_syuichi.jpg
1面ホームに簡易な屋根があるだけの無人駅。写真左手の線路は筑肥線のものですが、そちらにはホームが設置されていません。そのため、この列車は当駅を無視して(?)通過していくしかないのです。

御徒町駅

okachimachi_hongo_yukio.jpg
島式2面4線の山手線と京浜東北線の駅で、京浜東北線快速運転時には快速は通過します。アメヤ横丁の北口は、地下鉄、都バス等の連絡とディスカウント店に行く人で混雑が激しいです。南口の方が比較的空いているでしょう。

神田駅

kanda_hongo_yukio.jpg
神田駅はJR線の島式3面6線に中央、山手、京浜東北線と、東側には東北・上越・秋田・山形・長野の各新幹線の線路が2線走る。地下には東京メトロ銀座線島式1面2線が通る。
 昔、神田駅と近くの須田町は沢山の都電の系統が走り、乗り換え駅としての多くの人の流れがあったそうです。

目黒駅

jrmeguro_hongo_yukio.jpg
山手線は島式1面2線構造の駅。地下には島式1面2線で東急線目黒線、東京メトロ南北線と都営三田線の駅。東京メトロ南北線と都営三田線は東急目黒線日吉まで直通運転をしています。近年中にJR当駅とJR恵比寿駅は、ホームドアの先行テスト駅になる予定です。
 当駅西口から東急バス・大岡山小学校行きで、松田聖子と神田正輝が結婚式を挙げた場所で有名なサレジオ教会に行くことができます。

倶知安駅

kutchan_seta_syuichi.jpg
通称「山線」の中核駅で、当駅始発着の列車も多い。昭和61年までは室蘭本線・伊達紋別に至る胆振線が接続していた。
 以前、ホームの立ち食い蕎麦にお世話になったのだが、再訪時には営業されておらず気掛かり。

恵比寿駅

ebisu_hongo_yukio.jpg
JRの当駅は島式2面4線で、山手線2線と埼京線・湘南新宿ライン共用2線です。東京メトロ日比谷線は地下駅で相対式2線です。
 以前、当駅近くにサッポロビール恵比寿工場がありましたが、移転して恵比寿ガーデンプレイスになりました。そのためJR当駅の電車発車メロディは、映画『第三の男』の曲を使用中。

原宿駅

harazyuku_hongo_yukio.jpg
山手線原宿駅の駅舎は1925年に施工し、東京都内で現存する木造駅舎として最古だそうです。休日の朝は人が少ないですが、これから日中~夜と、全国から沢山の若者を中心に、駅構内通路も多くの人であふれます。

大垣駅

ogaki_hongo_yukio.jpg
東京行の夜行快速〈ムーンライトながら〉の始発駅。同列車、青春18きっぷが使える時期の金・土・日は早くから満席になる。養老鉄道との乗換駅で、美濃本郷方面に行くことができます。また樽見鉄道との乗り換え駅でもある。

西大路駅

nishiooji_hongo_yukio.jpg
JR京都線京都から下り方面の一つ目、京都市南区の駅です。島式2面4線で内側2線に普通のみ停車します。「さいだいじ」と読みたくなりそうですが、「にしおおじ」と読みます。

有楽町駅

yurakucho_hongo_yukio.jpg
有楽町駅は京浜東北線北行・南行、山手線内回り・外回りの4線のみで、昼間前後の時間帯の京浜東北線は快速運転のため同駅を通過します。しかしながら映画館、デパート、ショッピング街が大きく様変わりし、銀座への人の流れも増えていることから、駅周辺はますますにぎやかになっています。

宮原駅

miyahara_hongo_yukio.jpg
島式2面4線の普通のみ停車する駅。国鉄高崎鉄道管理局時代所属の頃はまわりに畑が多く、電車からでも駅から北西約800mに位置する大宮北高校全体がよく見えていました。現在は住宅が建ち並び、さらには大規模なマンションが完成しつつあります。

上尾駅

ageo_hongo_yukio.jpg
単式、島式3線の快速停車駅。国鉄時代、順法闘争に対して乗客達の怒りで電車などが壊されたりした、所謂「上尾事件」が有名。

京阪山科駅

keihanyamashina_hongo_yukio.jpg
相対式ホーム2線構造の駅で、4輌編成が停車可。JR線・京都市営地下鉄線との乗り換え駅。

山科駅

yamashina_hongo_yukio.jpg
京都駅から5.5kmに位置する島式2面4線の駅。この駅から湖西線が分岐する。京都市営地下鉄東西線、京阪電気鉄道京津線の乗り換え駅。

福山駅

fukuyama_hongo_yukio.jpg
山陽新幹線の一部の〈のぞみ〉が停車、〈ひかり〉〈こだま〉はすべてが停車する。500系〈のぞみ〉編成は2009年春には見られなくなってしまう予定です。
 駅の北側には福山城が間近にあり、印象的な駅です。

三原駅

mihara_hongo_yukio.jpg
山陽新幹線の主に〈こだま〉のみが停車する駅です。在来線は山陽本線と別れる呉線の始発駅でもある。

本郷駅

hongo_hiroshima_hongo_yukio.jpg
広島県三原市本郷町の駅。国鉄時代は駅員さんが5、6人いました。、JRになってからは人数が減り、現在は日中でも無人のようです。木造平屋駅舎は、ホーム改良と合わせて橋上駅舎になるようです。

柚須駅

yusu_seta_syuichi.jpg
吉塚駅を出た篠栗線は、勝田線(昭和60年廃止)としばらく並走していました。勝田線廃止後に分岐点付近に設けられたのが当駅で、写真左手の白い駅舎の上に、何倍も大きな駐輪場が覆いかぶるように建っています。

貝塚駅

kaizuka_seta_syuichi.jpg
福岡市営地下鉄と西鉄貝塚線(旧宮地岳線)が接続する地上駅で、周辺には比較的新しいマンションが目立ちます。現在のところ両線間の相互乗り入れは行なわれておらず、利用者は当駅での乗り換えが必要です。

箱崎九大前駅

hakozakikyudaimae_seta_syuichi.jpg
国道3号線から道を一本入ったところにあり、その名のとおり九州大学箱崎キャンパスの最寄り駅です。

花園駅

hanazono_hayashi_nobuhiko.jpg
島式ホーム1面2線の高架駅で1階の改札の隣はコンビニがある。周囲は住宅地だが妙心寺や御室方面なども近い。駅前は新丸太町通りが東西に走り、西の突き当たりは嵐山、嵯峨となる。

円町駅

emmachi_hayashi_nobuhiko.jpg
島式ホーム1面2線の高架駅。この区間は複線化されている。西大路丸太町の交差点に近く周囲は住宅地で、また大学や高校も多いことから利用客も増加している。府立体育館等の公共施設や商業施設も近い。

丹波口駅

tanbaguchi_hayashi_nobuhiko.jpg
島式ホーム1面2線の交換駅。現在複線化工事が進行中。駅を挟んで東西に京都中央卸売市場第1市場があり、旧駅舎の時代には市場駅もあった為全国から貨車が集まったが、現在は深夜に各地からトラックが集まり、駅周辺で荷卸待ちをしている。

吉富駅

yoshitomi_hayashi_nobuhiko.jpg
国道9号線沿いの無人駅。対面式ホーム2面の交換駅ですが園部までの複線化工事が急ピッチで進んでいます。駅舎は半分が郵便局になっています。向かい側にコンビニがあり、京都縦貫自動車道の八木西インターも近くです。

馬出九大病院前駅

maidashikyudaibyouinmae_seta_syuichi.jpg
福岡県警察本部、九州大学病院等の最寄り駅。福岡県庁へお越しの際も、隣駅の千代県庁口より当駅のほうが若干近いようです。

箱崎宮前駅

hakozakimiyamae_seta_syuuichi.jpg
筥崎宮の参道すぐ脇に入口があります。1月の初詣や玉せせり、9月の放生会(ほうじょうや)等では、多くの人々で賑わいます。

吉塚駅

yoshizuka_seta_syuichi.jpg
博多駅の隣駅で、篠栗線(福北ゆたか線)の起点。かつては、廃止された勝田線も分岐していた。平成16年に新駅舎が完成し、東口・西口ともに駅前が整備され利便性が向上した。

袋田駅

fukuroda_seta_syuichi.jpg
名瀑「袋田の滝」の最寄り駅。観光客を意識してか、駅舎はログハウス風となっています。なお滝までは徒歩で片道40~50分かかりますので、体力に自信のない方はバスを利用されるのが賢明です。

瓢箪山駅

hyotanyama_matsuoka_nobuhiko.jpg
東大阪市内をほぼ一直線に貫いてきた近鉄奈良線は、この駅を通過した途端、直角に曲がり、生駒山を攻める。駅前にはお稲荷さんの門前町とも言える商店街が広がっている。

南下徳富駅

minamishimotoppu_seta_syuichi.jpg
木製のホームと小さな待合室が、田畑の中にポツンとあります。札沼線の末端部という超閑散区間にあるため、この駅を発着する列車は1日3往復だけです。

新原駅

shimbaru_seta_syuichi.jpg
住宅街の片隅に、ひっそりと小さな駅舎があります。交換可能駅ですが、終点・宇美駅の一駅手前にあるため、待ち合わせの数分間がもどかしく感じられます。

十勝清水駅

tokachishimizu_yokota_teruo.jpg
清水駅として開業し十勝清水に改称されました。みどりの窓口がある委託駅です。付近の各工場への専用線が分岐してましたが現在は廃止されてます。

川崎駅

kawasaki_hongo_yukio.jpg
島式3面6線の東海道、京浜東北、南武線の駅。電車が集中して到着すると、階段や自動改札出口が数多くあっても大混雑します。そんな時は無理しないでホームのベンチで休み、周りのホームを見渡しつつ、次の電車が到着する寸前で空いた階段に行けば、改札も空いています。

市ノ瀬駅

ichinose_sano_kazuya.jpg
無人駅の単線単式ホーム。ホームは甲府方面にカーブしている。駅舎はなく、待合所とトイレがホーム上にある。駅周辺は集落になっており住宅や畑が多く町民スポーツ広場がある。

久那土駅

kunado_sano_kazuya.jpg
無人駅の単線単式ホーム。駅舎はなく、待合所がある。駅前にはトイレや路線バスの発着場がある。駅周辺は山梨県道が通り、商店が数点ある。高校等があり通学客の利用が多い。

甲斐岩間駅

kaiiwama_sano_kazuya.jpg
無人駅の島式ホームで構内踏切をわたって上がる。駅前は広くなっていてタクシー乗り場等があります。駅周辺には無料駐車場や商店があります。旧六郷町の中心部で印章の生産が盛んな町です。

落居駅

ochii_sano_kazuya.jpg
無人駅で単線単式ホームで、トイレと待合所があります。駅前は山梨県道が沿線と並行しています。県道沿いに住宅や畑が集まって集落になっています。

摂待駅

settai_nishimura_sadao.jpg
棒線の無人駅で、高架上に待合室のみの三鉄に多く見ることができる形態の駅である。

幕張本郷駅

makuharihongo_hongo_yukio.jpg
JR幕張本郷駅は島式2線で、総武線各駅停車の駅として1981年10月1日に開業しました。その後、同じ駅舎の中に京成電鉄が、1991年8月7日に京成幕張本郷駅を開業しました(島式2線)。構内北側には幕張車両センターが総武本線の上下線の間にあります。

箱崎駅

hakozaki_seta_syuichi.jpg
日本三大八幡宮の一つ・筥崎宮の最寄り駅です。以前は同宮の裏手すぐの場所に小さな駅舎がありましたが、高架化された際、数百メートル離れた場所に移転されました。

佐良山駅

sarayama_matsuoka_nobuhiko.jpg
岡山から北上してきた津山線は、この駅から津山市に入る。両隣の津山口・亀甲は開業時の設置に対し、この駅は昭和12年の設置。

亀甲駅

kamenokou_matsuoka_nobuhiko.jpg
津山線の主要駅の一つ。「びっくり駅舎」には必ずといっていいほど登場する駅舎は、言うまでもなく亀をモチーフとしている。美咲町(2005年3月22日に中央町、柵原町、旭町が合併)の中心で、役場はこの駅の近く。

小原駅

obara_matsuoka_nobuhiko.jpg
久米郡美咲町(旧中央町)の小原集落に位置する駅。国道53号線に隣接しているのか、ひっそりとしている。
 両隣の亀甲・誕生寺駅が明治31年の津山線(中国鉄道)開業時に設置されたのに対して、この駅は戦後昭和31年の設置。周囲には田畑や果樹園が広がる。

鰍沢口駅

kajikasawaguchi_sano_kazuya.jpg
有人駅だけど時間帯によって無人になる。駅舎内には自動券売機があるが自動改札機はない。島式ホームで駅舎側から地下道を通りホームに上がる。 当駅から身延、富士方面は山間部に入り、甲府方面は甲府盆地に入り市街地を走る。駅周辺は住宅や畑が多い。

市川大門駅

ichikawadaimon_sano_kazuya.jpg
無人駅の島式ホームで構内踏切を渡ってあがる。駅舎は中国風のデザインが特徴的。駅舎内は待合所のほか市川大門の公民館となっていますが、一般旅客は待合所のみで公民館は利用できません。

市川本町駅

ichikawahommachi_sano_kazuya.jpg
無人駅の単線単式ホーム、駅舎は黒が基調の和風簡易駅舎。駅前は駐輪場になっています。駅周辺は住宅が多く、町役場や学校等公共施設への最寄り駅。公園や遺跡等の観光名所も多いです。

芦川駅

ashigawa_kano_kazuya.jpg
無人駅で単線単式ホーム。ホームと並行に道路があり、駅入口がある。道向かいにトイレが設置してある。駅周辺は住宅地になっており商店も数店ある。畑が多く、学校等もある。

菊名駅

kikuna_hongo_yukio.jpg
島式2線のJR菊名駅は現在、快速が停まりますが、普通しか停まらない時期がありました。そして昔は乗り換えの東急電鉄の全面委託だったことからJRのみの入口は無く、東急の入口(改札口)から入場して階段を下り、上がりして通路を行くと、JRのホームに着くという状況だった。ちなみに東急菊名駅は島式2面4線で、すべての列車が停車します。

小机駅

kozukue_hongo_yukio.jpg
単式と島式ホーム3線で、普通のみの停車です。他に引込み線があり、朝に数本の始発が2番線から出る。
 横浜アリ-ナ、日産スタジアムでイベントが開催される時は当駅発着を含めた臨時電車が設定されます。日産スタジアムに直接行くときは当駅がよいですよ。

保津峡駅

hozukyo_hayashi_nobuhiko.jpg
相対式ホーム2面2線の駅は保津川の上に存在し、ホームの前後はトンネルになっています。ホーム上から嵯峨野観光鉄道のトロッコ保津峡駅(旧山陰本線保津峡駅)が見え、紅葉シーズンなどはハイキング客で賑わいます。周囲は山と川しかありません。

馬堀駅

umahori_hayashi_nobuhiko.jpg
対面式ホーム2面2線の交換駅。当駅から亀岡側は単線、保津峡側は複線となっているが、園部までの複線化工事が進行中。駅前はコンビニがあり少し歩くと商店があるが、住宅地の駅のイメージが強い。トロッコ亀岡駅まで歩いて10分ぐらい。

亀岡駅

kameoka_hayashi_nobuhiko.jpg
新駅舎は4月に完成し、南北連絡通路もできた。現在は2面3線の交換駅だが、複線化完成後は島式ホーム2面4線になると思われる。
 北口は現在タクシーや一部のバス乗り場しかなく、連絡交通、商店などは南側に集中している。

秋山駅

akiyama_usami_yasutaka.jpg
千葉県松戸市秋山にある掘割半地下構造の北総線の駅。駅周辺は大型マンションが建設されている。駅を少し離れると住宅、学校、畑が点在し、静かな環境が広がっている。

東松戸駅

higashimatsudo_usami_yasutaka.jpg
北総鉄道が3・4階部分、2階部分がJR東日本の駅で、北総線が先行路線の武蔵野線を乗越えるかたちで当所に駅を開業した。JR側の駅が開業したのは7年後の1998年(平成10年)だった。
 北総線の開業当初は、当時まだ北総線との暫定相互乗入れを行なっていた新京成線ルートが本線的使用状況のため、新京成線八柱駅と武蔵野線八柱駅とで乗り換えできることからJR側は東松戸駅の設置に消極的だった。北総線の高砂延伸、新京成乗入れ解消後も北総線の運営状況を見てJR駅開業に協議を要した。
 現在は北総線が成田新高速鉄道開業に向けて2面4線に整備中で、重要な乗換駅になると思われる。

松飛台駅

matsuhidai_usami_yasutaka.jpg
松戸市にあって、東京都立八柱霊園の最寄り駅。新京成線八柱駅、武蔵野線新八柱駅からはバスを利用する。
 駅周辺は松飛台工業団地、松戸新京成バスの本社営業所、佐渡ヶ嶽部屋がある。また、映画「電車男」のロケ地としてホームが使用された。

大町駅

oomachi_usami_yasutaka.jpg
市川市と松戸市の境にあって、市川市動植物園の最寄り駅。付近は梨畑、観光農園が多くある。各駅停車のみの停車で乗降客も少ない。
 同名の「大町駅」は他に北海道、富山県、広島県、香川県、佐賀県にある。

新鎌ヶ谷駅

shinkamagaya_usami_yasutaka.jpg
北総鉄道・新京成電鉄・東武鉄道の駅。北総線が高架で新京成線は地上で駅付近を並走する。東武はそれを交差する形で掘割構造。
 北総は成田新高速鉄道開業に向け、通過待避線を本使用に向けて整備中。一方、新京成は成田新高速鉄道と同時開業予定で付近を高架化工事中。
 駅設置や乗り入れに関して色々な経緯があったが成田新高速鉄道の開業で益々旅客に便利な駅になってもらいたい。

西白井駅

nishishiroi_usami_yasutaka.jpg
千葉ニュータウンはここから東に大きく展開されている。昭和54年、ニュータウンと同時の開業駅。
 北口が開発により整備されできた住宅地で駅前に商業地があり、次に団地、マンション、一戸建てと宅地が構成されている。戸建周辺は静かな落ち着いた雰囲気がある。
 南側は北側より比較的新しい賃貸マンションが立ち並ぶ。またJRA競馬学校も近くにある。

白井駅

shiroi_usami_yasutaka.jpg
駅前は北側が既存の宅地と畑、市役所等の公共施設が点在する。南側は綺麗に区画整備されたUR機構の住宅地で、周辺はスーパー、薬局、郵便局、小中学校などのほか大きな公園もあり、生活道路も比較的広く、緑地空間も多く作られている。
 北総線の両側は国道464号が並走し、東に国道16号が交わって、自動車の便も良い。

東六線駅

higashirokusen_akimoto_hirotaka.jpg
のどかな畑の中に踏切があり、その脇に駅舎があります。

塩狩駅

shiokari_akimoto_hirotaka.jpg
旧国道40号から、ちょいと折れると、小説「塩狩峠」の元となった「長野政雄」氏の石碑があり、それを越えた突き当たりに、駅舎があります。

くぬぎ山駅

kunugiyama_usami_yasutaka.jpg
新京成電鉄の本社が駅の海側、車庫が北初富駅との間にあり、当駅始発・止まりの運行ダイヤがある。2008年(平成20年)3月、橋上駅舎が改修されエレベーター2基が使用開始されている。

知来乙駅

chiraiotsu_seta_syuuichi.jpg
国道から少し離れた位置にあり、周りには農村風景が広がっている。国道沿いを歩くこと約15分のところにある「篠津囚人墓地」には、樺戸集治監の囚人が眠っており、開拓時代の北海道の一部分を感じることができる。

平沼橋駅

hiranumabashi_hongo_yukio.jpg
横浜から一つ目(0.9km)の駅。島式2線で普通のみ停車します。ホームからJR横浜駅の様子が見えます。

高島町駅

takashimacho_hongo_yukio.jpg
島式2線のホームドア付き(全線でホームドアの設置が完了)の当駅から横浜駅まで0.9km、桜木町駅まで1.2km。近くにかつての東急東横線桜木町方面の高架があり、その長い壁面にアートを見ることができます。

山本駅

yamamoto_seta_syuichi.jpg
筑肥線と唐津線の接続駅であり、その歴史を示すかのように、古い木造駅舎がいまだに頑張っています。

新高島駅

shintakashima_hongo_yukio.jpg
相対式2線、普通のみの停車です。みなとみらい地区でも更地が多い所ですが、東京放送(TBS)運営のライブハウスや横浜Fマリノスのマリノスタウンがあります。また日産の本社もこの地に移転して来ます。

戸部駅

tobe_hongo_yukio.jpg
高架・島式2線の普通のみ停車する駅である。みなとみらい地区に徒歩でも近い。上りの次駅の横浜との間は、カーブと立体の連続で電車はゆっくりと走る。
 駅前の国道1号線は横浜駅行のバスがどんどん来る。ここから横浜駅行きのバスに乗車する人も意外と見受けられる。

神奈川新町駅

kanagawashimmachi_hongo_yukio.jpg
当駅は島式4線で、上り線は12輌編成対応、下り線は前後の引込み線や踏み切り等の避けられない位置関係で8輌編成までしか対応していません。当駅は特急以下の停車駅ですが、この区間は日中、快特と普通のみ運転のため、12輌編成の快特はもちろん停まりません。当駅に車庫があり、検車区と運転車両部の育成センターがあります。

遠州岩水寺駅

ensyugansuiji_ono_takumi.jpg
岩水寺駅は1面2線の無人駅で、2002年の第4回中部の駅百選に選ばれた駅である。岩水寺という駅名にもかかわらず岩水寺へは徒歩30分ほどかかり、天竜浜名湖鉄道の岩水寺駅のほうが岩水寺へは近い。

遠州芝本駅

ensyushibamoto_ono_takumi.jpg
芝本駅は1面2線の無人駅で交換駅です。

遠州小林駅

ensyukobayashi_ono_takumi.jpg
小林駅は1面2線の無人駅で近くには浜名高校があります。

美薗中央公園駅

misonochuokoen_ono_takumi.jpg
美薗中央公園駅はその名のとおり、駅の目の前に美薗中央公園があります。以前は北浜中学校前という駅名でしたが、駅名の改称とともに駅のバリアフリー化もされました。

浜北駅

hamakita_ono_takumi.jpg
浜北駅は浜北区の中心駅で現在駅構内に30系が留置されています。駅前にはなゆた浜北という建物があります。

二俣本町駅

futamatahonmachi_ono_takumi.jpg
二俣本町駅は1面1線の無人駅です。駅に併設して蕎麦屋があります。

武蔵五日市駅

musashiitsukaichi_seta_syuichi.jpg
拝島駅から分岐する五日市線の終着駅。高架駅となっており、その入口に掲げられる大きな木製の看板が印象的です。

戸田公園駅

todakouen_hongo_yukio.jpg
当駅は島式4線で、両外側2線は通勤快速等の通過線があり、ホームには快速と普通が停車します。近くには昔東京オリンピックでボートレースが行なわれた、戸田オリンピックボートコースがあります。新幹線下り線の車内から、しっかりと見えます。

北戸田駅

kitatoda_hongo_yukio.jpg
島式2線の普通のみ停車する駅です。埼京線の高架駅では一番高いので、エスカレーターは上りはもちろん、下りもあります。よって地上部から駅の改札、ホームまでは時間がかかりますので、多めの時間をとってご乗車ください。普通しか停まりませんので…。

戸田駅

toda_hongo_yukio.jpg
とだ駅と読みます(へたと読む地名が全国各地にある)。島式2線の普通のみの停車駅です。近くには、戸田市スポーツセンター、郷土博物館があります。
 埼京線の駅近くにはマクドナルドが多く目に付きます。暑い日には100円で、冷たいソフトクリームを頂くのもよいですね。

奥多摩駅

okutama_seta_syuichi.jpg
ロッジ風の木造駅舎が特徴的な駅で、「関東の駅百選」にも選定されている。奥多摩湖や日原鍾乳洞への観光拠点となっていて、駅前より各方面へのバスが発着している。

北与野駅

kitayono_hongo_yukio.jpg
島式2線の普通のみの停車駅。北方面の次の駅、大宮まで1.8kmです。東側には高架の歩道橋を使い、徒歩10分程でさいたま新都心駅に行けます。

南与野駅

minamiyono_hongo_yukio.jpg
島式4線で、両外側の線は、通勤快速、快速の通過専用線です。したがって、当駅は普通のみの停車となります。近くには埼玉大学があります。

与野本町駅

yonohonmachi_hongo_yukio.jpg
埼京線が開通した事によって、与野とつく駅は1駅から4駅になりました。島式2線の快速、普通の停車駅で、さいたま市中央区の行政機関が北側にあります。両隣は、南与野・北与野駅です。

東大宮駅

higashiomiya_hongo_yukio.jpg
島式2線の普通のみ停車の駅。近くの本郷町に東大宮操(車庫)があり、本線から見える。かつては特急電車が数多く待機して、上野へと回送されていた。また583系の〈はくつる〉や〈ゆうづる〉も日中は待機していました。
 一番好きだった電車寝台車よ、永遠に!

富士根駅

fujine_sano_kazuya.jpg
無人駅の島式ホームで下り線側構内踏切を渡ってあがる。駅前は住宅が多い。駅周辺は製紙会社等工場が多い。

入山瀬駅

iriyamase_sano_kazuya.jpg
駅舎は有人駅だが時間帯によっては無人になる。島式ホームで跨線橋を渡ってあがる。駅前はロータリーになっており、タクシー乗り場になっている。駅周辺は、住宅地や商店、鐵工所等がある。

柚木駅

jryunoki_sano_kazuya.jpg
無人の高架駅。複線の対向式ホームへは階段で上がる。駅前には県道が通っており周辺には自動車学校があり住宅が多い。

富士駅

fuji_sano_kazuya.jpg
東海道本線の駅で身延線の起点駅。駅前はロータリーになっておりタクシー乗り場、バス乗り場がある。周辺は商店街でショッピングセンター等がある。駅より東側には製紙会社があり富士貨物駅もあってコンテナやワム有蓋貨車の入れ換え作業を間近に見る事ができます。

並河駅

namikawa_hayashi_nobuhiko.jpg
ホーム2面2線の交換駅。駅前はどんどん開発されており利用者も増えている。国道まで出ると商業施設が立ち並ぶ。駅の北側に新幹線0系とDD51が展示されている。

千代川駅

chiyokawa_hayashi_nobuhiko.jpg
駅舎は開業当時の古い駅舎が現在も使用されているが、駅前は再開発されて近代的なイメージのロータリーになっている。周囲は宅地化が進み高いマンションも立ち始めている。国道に出ると商業施設が並び交通量も多い。

八木駅

yagi_hayashi_nobuhiko.jpg
旧八木町の中心駅。駅前を50m程で国道9号線に出て商店街にたどり着く。コンビニも近くにあり、公立南丹病院も近い。早朝深夜は駅業務員がいない。

港南台駅

kounandai_hongo_yukio.jpg
当駅の島式2線のホームは切り通しの底にあり、半地下構造になっている。周辺には団地が多い。

洋光台駅

youkoudai_hongo_yukio.jpg
1970年3月17日に磯子から当駅まで開通し、その後1973年4月9日に大船までの全線開通しました。
 この駅の周辺は分譲の戸建住宅地と賃貸の団地群が多く、平日の朝は会社、工場、学校に通うため、沢山の人々が混雑する駅に吸い込まれていきます。

新越谷駅

shinkoshigaya_hongo_yukio.jpg
この駅は、駅ビル「ヴァリエ」の中にあり、島式2面4線の南北の高架駅です。すぐ東隣を、東西の高架ホームのJR東日本武蔵野線南越谷駅がある。そのため、当伊勢崎線の高架線の方がさらに高くなている。

南越谷駅

minamikoshigaya_hongo_yukio.jpg
武蔵野線の駅名は南越谷駅ですが、改札を出て、広場の東側から駅ビルのエスカレーターを上がり、左に曲がると、東武伊勢崎線の新越谷駅があります。待ち合わせの時はくれぐれも、線名、駅名をはっきりと伝えないと、会えませんよ!

朝霞台駅

asakadai_hongo_yukio.jpg
JR東日本武蔵野線・北朝霞駅の広場西隣すぐ前に当駅、朝霞台駅があります。島式2面4線で、急行、準急、普通が停車します。

東川口駅

higashikawaguchi_hongo_yukio.jpg
東川口駅は、京浜東北線の川口駅からかなり離れています。川口市の最北東部の川口市戸塚にあります。島式2線の高架ホームの駅が武蔵野線です。地下部に埼玉高速鉄道線の東川口駅があります。

中浦和駅

nakaurawa_hongo_yukio.jpg
浦和と名のつく駅、武蔵浦和から大宮方面の次駅は中浦和駅です。基本の浦和、東西南北、武蔵、美園、そして中浦和!と8駅も「浦和」が付く駅が誕生しました。駅の東方向に別所沼公園があります。

武蔵浦和駅

musashiurawa_hongo_yukio.jpg
最強線と読みたくなる、埼玉県、東京都間を結ぶ新線(埼京線)の開通により、武蔵野線との乗り換え駅としてできた武蔵浦和駅。埼京線は新幹線建設の見返りとしてできました。通勤快速から普通まですべて停車します。武蔵野線は本来貨物専用線とするところを旅客扱いもするようになり、沿線に住宅が大幅に増えたことから現在では8輌編成と長くなり、日中は10分間隔の運転となっています。

西浦和駅

nishiurawa_hongo_yukio.jpg
東西南北ある浦和の駅の一つ、西浦和駅。西浦和の南には大きな団地(田島団地)があります。また西には荒川の緑地が整備され、秋ヶ瀬公園やさくら草公園があります。

東浦和駅

higashiurawa_hongo_yukio.jpg
武蔵野線で私鉄も含めた乗り換えがない単独駅としては乗車人数が一番多く、南浦和―東浦和間の平日の朝のラッシュは、乗車率200パーセントを超えるそうです(2005年のデータ)。

与野駅

yono_hongo_yukio.jpg
昔、京浜東北線は大宮、与野、北浦和、浦和の駅順でした。当時、与野市の唯一の駅は浦和市の地区にあり、南側の線路のわずかの所だけが与野市の地区だったのです。現在は、大宮、浦和、与野の三市でさいたま市になっています。

北浦和駅

kitaurawa_hongo_yukio.jpg
全国の駅で東西南北が揃っているのは浦和だけです。浦和で2番目に出来たのが北浦和です。東口からは徒歩で埼玉県立浦和高校があり、西口からはバスのアクセスで埼玉大学に行くことができます。

南浦和駅

minamiurawa_hongo_yukio.jpg
南北の浦和(京浜東北線)、東西の浦和(武蔵野線)の乗り換え駅。当駅の蕨寄りに大きな電車区があり、京浜東北の南行の約半数が当駅発着です。また、昔は蕨寄り近くに日本車両の工場があって、東海道新幹線の初代0系が生まれた所でしたが、現在は高層団地群になってしまいました。

大宮駅

omiya_hongo_yukio.jpg
始めは浦和が東北本線・高崎線の分岐点となるところを、当時の地元の反対で北の大宮の地を分岐駅にしたことでだんだんと大きくなり、現在では新幹線だけでも島式3ホーム6線、在来線は島式12線分に、なりました。埼玉県で最も人々が集まる所でしょう。

浦和駅

urawa_hongo_yukio.jpg
昔は京浜東北線と夕方の東北本線と高崎線の各1本しか停車しない県庁所在の駅でした。現在は、湘南新宿ラインと一部特急等を除いてすべて停車します。
 近くに埼玉会館大ホールがあり、そこは映画『砂の器』でラストを飾った宿命の演奏シーンのロケ地です。そのシーン思い出すと涙が出ます。
 ちなみに浦和をかなで、逆読みすると「わらう」です。

善導寺駅

zendoji_nakano_kenta.jpg
開業昭和3年からの古い木造駅舎が残るが、かつての事務室部分を解体し、待合所部分を残すのみとなっている。相対式ホームで普通のみ停車。現在無人駅。

八木西口駅

yaginishiguchi_aridome_yoshihiro.jpg
大和八木駅と同一駅扱いの駅です。もとはこの駅が八木駅だったそうですが、現在の大阪線が開通した際に八木駅が現在の大和八木駅の場所に移転し、残されたホームが“八木西口”駅となったそうです。
 寺内町で昔の町並みが残る橿原市今井町に近いことから、駅舎の外観もレトロ風です。小さな駅ですが、急行も停車し、意外に利用客は多いです。

園部駅

sonobe_hayashi_nobuhiko.jpg
2面4線のホームを持つ特急停車駅。構内は広いうえ、当駅折り返しの電車が多く留置線も多数ある。町の中心からは少し離れているが周囲は宅地化が進んでいる。西口にはコンビニあり。

船岡駅

funaoka_hayashi_nobuhiko.jpg
築堤の上にある無人交換駅。階段を上がると直接ホームに出る。駅舎は無く周囲は民家が少し。

日吉駅

hiyoshi_hayashi_nobuhiko.jpg
南丹市日吉町の中心駅。電化と同時に駅名変更(旧殿田)した島式ホーム1面2線の交換駅で、一部の特急も停車する。駅舎の半分は日吉町の交流センターとして使われている。また銀行ATMもある。

錦岡駅

nishikioka_yokota_teruo.jpg
自動券売機が設置されている無人駅です。錦多峰駅として開業しましたが錦岡に改称されました。駅周辺は新しい住宅街が広がります。

社台駅

syadai_yokota_teruo.jpg
牧場に囲まれた無人駅です。信号所として開業しその後、貨物駅になってから旅客駅になりました。
 日本一鉄道直線区間の最初の駅です。

鍼灸大学前駅

shinkyudaigakumae_hayashi_nobuhiko.jpg
単式ホーム1面の無人駅。綾部までの電化に合わせて開業した駅ですが、駅名の鍼灸大学は現在明治国際医療大学に改名されている。周辺に民家は少なく主に大学関係の利用が中心の駅。

胡麻駅

goma_hayashi_nobuhiko.jpg
ホーム2面3線の無人駅ですが、一部の特急も停車し当駅で折り返す列車もあります。駅舎の右半分は郷の駅胡麻屋で、喫茶やパン屋など地元のコミニュティスペースになっています。駅前は商店街で車の出入りも多い。

磯部駅

isobe_yamafuji_tsuyoshi.jpg
相対式ホーム2面2線構造の駅。画面左手、跨線橋の後方に見えるのは、信越化学工業磯辺工場のプラント。

下山駅

shimoyama_hayashi_nobuhiko.jpg
ホーム2面の無人交換駅です。駅の右側には駅舎より立派に見える公衆トイレがあります。商店も数件見られます。国道から急な坂を上った高台に位置します。

和田岬駅

wadamisaki_yoshida_takahiro.jpg
都心にありながら、1日数往復のみのローカル線です。しかも、工場への通勤の足としての利用がほとんどなので、朝と夕方しか運行されていません。
 春には桜の花が綺麗です。

日ノ出町駅

hinodecho_hongo_yukio.jpg
駅入口へはスーパーと商店の間を入ります。駅の近くに横浜市営の野毛山動物園(入場無料)があります。また野毛大道芸は春と秋の頃に開催される楽しい催しで、一部の道路を歩行者天国にして行なっています。

北鴻巣駅

kitakounosu_kato_kazuko.jpg
周りは、閑静な住宅地です。

鴻巣駅

kounosu_kato_kazuko.jpg
鴻巣付近は人形の町です。

和知駅

wachi_hayashi_nobuhiko.jpg
ホーム2面3線の簡易委託駅で左側が売店喫茶などになっている。駅前は信用金庫、旅館などがあり、商店街に繋がっている。旧和知町の中心駅。

安栖里駅

aseri_hayashi_nobuhiko.jpg
ホーム2面の無人交換駅。並行する国道27号線から線路下の通路を通り各ホームに直接入れる。綾部方面ホーム側に駅前ロータリーがあるが駅舎は無い。ファミリーショップなる商店が1軒ある。

立木駅

tachiki_hayashi_nobuhiko.jpg
ホーム2面の無人交換駅です。駅前に民家はありますが商店などはありません。線路はこの辺り由良川に添って山間部を走っており、国道27号線から入るにはは解りにくい位置にあります。

山家駅

yamaga_hayashi_nobuhiko.jpg
島式ホーム1面の無人交換駅。駅舎から跨線橋でホームへ連絡している。国道27号線から由良川を渡って駅に入る。

綾部駅

ayabe_hayashi_nobuhiko.jpg
綾部市の中心駅。舞鶴線の乗換駅でもある。写真は南側で市役所や商店、銀行が並ぶ以前からの駅前。駅舎の建て替えにより北側もロータリーが出来徐々に開発されている。グンゼの本社などは北側にある。

淵垣駅

fuchigaki_hayashi_nobuhiko.jpg
ホーム1面の無人駅で、駅舎は無い。近くに工業団地が有るが綾部駅が近いためあまり利用者は無い様。

梅迫駅

umezako_hayashi_nobuhiko.jpg
国道に平行した無人の交換駅。駅本屋は北側の府道側にあり商店街を通り抜けて駅前通りがあるタイプ。駅前には公民館とタクシー営業所があるが、列車が来る時間以外は人気は無い。

真倉駅

magura_hayashi_nobuhiko.jpg
ホーム2面の無人交換駅。国道27号線が平行しており綾部方面ホームには直接入れる。舞鶴方面のホーム裏には契約駐車場と書かれたスペースがあり、こちらが本来の駅入り口のようだが建物は無くすぐに道路に出ることができる。

浦安駅

urayasu_miyauchi_tsukasa.jpg
山陰本線の米子駅と鳥取駅とのほぼ中間に位置する鳥取県東伯郡琴浦町にある小さな駅。米子から鳥取行きの快速〈とっとりライナー〉に乗り、しばらくすると右手に山陰の名峰大山が望める。
 駅前にはちょっとした空間(ロータリー?)が広がり、タクシーがエンジンを止めて休んでいる。また駅前広場から続くメインストリートを北上し国道を渡ると、目の前に日本海が現れてくる。

大村駅

oomura_taguri_aiko.jpg
1918年にシロアリ被害にあい、現在の駅舎に改築されたそうです。以前は駅前の桜並木が綺麗でしたが今はなく、大村公園で有名な八重咲きの大村桜を見る事ができます。

北本駅

kitamoto_kato_kazuko.jpg
当駅から車で10分ぐらいのところにある東光寺は、石戸蒲サクラで有名です。

桶川駅

okegawa_kato_kazuko.jpg
初夏には、紅花の花がきれいです。

北上尾駅

kitaageo_kato_kazuko.jpg
線路沿いには、高校があって元気な声が聞こえてきます。

磯子駅

isogo_hongo_yukio.jpg
横浜プリンスホテルは、駅前の高台の上にありました。現在は解体されてしまい、その姿はありません。
 海側には、東京電力の南横浜火力等の工場地帯が続きます。

根岸駅

negishi_hongo_yukio.jpg
この駅の海側に日本最大規模の新日本石油の製油所が見えます。専用のタンク貨車が石油会社の専用線に沢山用意されています。
 駅から少し歩くと横浜市電の保存館があります。

杉田駅

sugita_hongo_yukio.jpg
杉田の名は、近くの歴史ある寺院、東漸寺という古刹に由来(戦国時代、軍旗掲揚と境内の杉の木の事柄)しているそうです。杉田駅と新杉田駅とは約400m離れていますが、意外と多くの人が乗り換えで行き来しています。

新杉田駅

shinsugita_hongo_yukio.jpg
この駅から金沢シーサイドラインに乗り換えて、シーパラダイスや、横浜市唯一の人口の砂浜に行くことができます。そのため、横浜―磯子間だったJRの横浜フリーきっぷのフリー区間が横浜―新杉田間となりました。

下部温泉駅

shimobeonsen_sano_kazuya.jpg
木造平屋建ての有人駅で窓口と自動券売機がある。島式ホームで構内踏切を渡ってホームに上がる。駅前にはタクシー乗り場があり乗降客待ちをしている。
 温泉街で観光名所になっており「武田信玄の隠し湯」と呼ばれ有名になったところもあります。また、身延山久遠寺参詣者の利用客も多い。

甲斐常葉駅

kaitokiwa_sano_kazuya.jpg
無人駅で駅舎はアーチ型の屋根が特徴的。駅舎内には待合所がある。駅前は駐車場やトイレが設置してあり駅周辺は畑が多く、常葉川が流れており、橋を渡れば民家や商店等が並ぶ商店街になっている。

身延駅

minobu_sano_kazuya.jpg
駅は有人駅で、自動券売機と窓口、売店がある。駅舎側に片面ホームと線路側奥に地下道を通って上がる島式ホームがあり、特急の追い抜きが行われている駅。
 駅前には商店が多く、タクシー乗り場とバス停があり、身延山久遠寺参拝、観光の最寄り駅です。

山手駅

yamate_hongo_yukio.jpg
相対式ホームの横浜寄りに改札口があります。駅前から横浜市営のミニバスが出ており、山下公園と横浜の本郷三丁目方面に行くことができます。また、徒歩で根岸森林公園に行くこともでき、その敷地内には馬の博物館があります。

釧路湿原駅

kushiroshitsugen_takeda_yuta.jpg
釧路湿原観光の便を図るため1988年7月に開設された駅。駅舎は翼を広げた丹頂鶴をイメージしたログハウス風。徒歩10分程の細岡展望台からの眺望は圧巻。釧路湿原を流れる釧路川と彼方に阿寒の山々を見渡すことが出来る。

二宮駅

ninomiya_hongo_yukio.jpg
島式1面2線のホームで、平日のみ朝7時08分と34分に当駅始発の東京行が発車します。東京方面の次駅は大磯。ちょうど中間の海側に、若者達の真夏の賑わいの舞台「大磯ロングビーチ」があります。あまりはめをはずして御用とならないようにご注意。

鷲津駅

washizu_ono_takumi.jpg
鷲津駅は湖西市東部に位置する駅で、駅構内にはキヤ97系が留置されています。

釧路駅

kushiro_takeda_yuta.jpg
道内第四位の人口19万人を擁する、道東最大の都市釧路市の玄関口。国内特急網の東端に位置するこの駅は国内最東端の自動改札機設置駅でもある。

塩之沢駅

shionosawa_sano_kazuya.jpg
無人で駅舎はなく、単線片面ホームで待合所がある。駅周辺には集落がある。富士川が並行しており周辺には橋がないので駅利用には少し不便になる。

波高島駅

hadakajima_sano_kazuya.jpg
無人の駅舎があり、島式ホームで構内踏切を渡ってホームに上がる。駅周辺には住宅地がある。常葉川が流れており富士川に合流している。更に川上には早川があり、この合流で「波が高くなり周辺が島のように見えた」という地名の由来が駅前駐車場の案内板に書かれています。

上川駅

kamikawa_yokota_teruo.jpg
みどりの窓口がある社員配置駅です。駅前から層雲峡方面のバスが出ています。

東雲駅

touun_yokota_tetuo.jpg
ブロック造りの待合所とホームだけの無人駅です。仮乗降場として開業しましたが国鉄分割民営化と同時に駅に昇格しました。

安足間駅

antaroma_yokota_teruo.jpg
無人駅です。国道が駅裏を通っているので駅前は寂しい感じがします。

南太田駅

minamiota_hongo_yukio.jpg
相対式ホーム4線、中央2線は快特、特急の通過線です。近くにどんどん商店街という名前の商店街があります。南側には大岡川があり、桜木町の先の方まで流れています。このあたりは桜の季節になると遊歩道がピンク色に染まります。ぜひ散策してみてはいかがでしょうか。

伊奈中央駅

inachuo_kato_kazuko.jpg
ニューシャトルは、田園地帯にマッチした黄色と緑のかわいい車輌です。

みなとみらい駅

minatomirai_hongo_takiko.jpg
長いエスカレーターを降りた地下三階にその駅がある。特急、急行、普通のすべてが停車する島式ホーム。現在は東急東横線の渋谷から直通運転ですが、将来は東京メトロ副都心線とつながり、東武東上線、西武有楽町線・池袋線からの直通運転になるのでしょうか。

吉野町駅

yoshinocho_hongo_yukio.jpg
この駅の由来は、南北朝時代の、武将、楠木正行(くすのき まさつら/1326?~1348)の故事から採ったとされ、地名になったそうです。
 1番出口の奥に、懐かしい形の銭湯を発見しました。新しい町の駅周辺には、家にお風呂が無い所も少なくなりました。新しいアイデアで銭湯も頑張っているのでしょうか。

阪東橋駅

bandoubashi_hongo_yukio.jpg
この駅の地上部からJR関内駅までは、横浜の大通り公園が続きます。道の幅は札幌や名古屋の半分位しかないかもしれませんが、時にはフリーマーケット等の催しを開いたりしています。
 近くに横浜橋商店街があり、お客様のために利益などほとんど儲け無し、ぎりぎりで商いをしているお店が、ここでも見受けられます。

黄金町駅

koganecho_hongo_yukio.jpg
「こがねちょう」と読みますが、黄金の部分が「おうごん」とも読めるので、切符をお守りとして購入する人もいます。現在各駅売店等で、ソーラーバッテリーにより光る駅名プレートが販売中です。一部の駅では、すでに売り切れになっているところもあります。

蒔田駅

maita_hongo_yukio.jpg
横浜市南区にある駅。このあたりは人口密度が高い地域だそうで、規模の小さいながらも商店街がいくつかあるそうです。この駅前から、11系統桜木町駅行神奈中バス(以前は市バス)の山手のコースはすごく道が狭い。アメリカに来た様な錯覚に陥る景色を一部の箇所で見ることができる。

遠州小松駅

ensyukomatsu_ono_takumi.jpg
遠州小松駅は旧浜北市の南部に位置する駅で、駅前には遠鉄バスと浜松バスの停留所があります。

遠州西ヶ崎駅

ensyunishigasaki_ono_takumi.jpg
遠州西ヶ崎駅は遠州鉄道線の本社がある駅で、駅のそばに本社があります。また、駅構内にはED28 2号機が留置されています。

積志駅

sekishi_ono_takumi.jpg
積志駅は丁度、遠州鉄道線の中間駅で交換駅です。二俣街道がすぐ近くを通っています。

伊勢佐木長者町駅

isezakichojamachi_hongo_yukio.jpg
当初の駅名は、この地、長者町の予定だったが、今は亡き青江三奈のヒット曲「伊勢佐木町ブルース」のおかげで、現在の駅名に至る。近くの伊勢佐木町四丁目に歌碑が有り、ボタンを押すと曲が流れる。
 駅の地上部はガラス張りのモダンなバス停が有り、大通り公園には噴水や、モニュメントがある。

原市駅

haraichi_kato_kazuko.jpg
上り、下りをはさんで、新幹線が通り過ぎていきます。

志久駅

shiku_kato_kazuko.jpg
近くには、高校や大学がありたくさんの生徒や学生が利用しています。

倶利伽羅駅

kurikara_tsuchida_kazuya.jpg
ひっそりとした駅であるが、頻繁に特急列車が通過する。撮影ポイントが点在しており、休日にはレイルファンの姿もよく見かける。無人駅で駅舎内に近距離向けの券売機があるのみだ。

石川町駅

ishikawacho_hongo_yukio.jpg
相対式ホームの壁全面に中華街方面と元町方面出口の案内が鮮やかなブルー色で楽しく描かれていてわかりやすい。駅の南はイタリア山のトンネルが有り、その上に洋館(外交官の家)等が建つ。ちなみに当時、番地は建て上がった順に決まったため、あちこちとちらばりました。当時の配達の方、ご苦労さまでした。

豊ヶ岡駅

toyogaoka_akimoto_hirotaka.jpg
近くを走る舗装路から、一見どこへ行くのかわからない、いぬ走りのような道を下ると、駅舎が見えます。

岩屋駅

iwaya_hibio_hiroki.jpg
震災後完成した街「HAT神戸」の最寄り駅。県立美術館や、防災センター、ショッピングセンターがある。
駅山側徒歩2分のところにJR灘駅がある。

西灘駅

nishinada_hibio_hiroki.jpg
国道2号線と交差する形で駅が設けられている。昔は国道線・神戸市電の乗換駅であった。駅舎は震災後建て替えられたが、駅前に商店は少ない。

大石駅

oishi_hibio_hiroki.jpg
2面4線の高架駅。山陽電車の普通車は当駅まで顔を出す。駅の下には都賀川が流れ、憩いのスポットとなっている。

新在家駅

shinzaike_hibio_hiroki.jpg
駅南北を国道2号線と国道43号線に挟まれ交通量が多い。駅南側には小泉製麻の工場があったが、震災後復興住宅が建ち並び、ショッピングゾーンが誕生している。

石屋川駅

ishiyagawa_hibikio_hiroki.jpg
1面2線の駅。駅の下には石屋川が流れる。ここ一体は「火垂るの墓」の舞台となっており、駅近くに石碑がある。

愛山駅

aizan_yokota_teruo.jpg
待合所とホームだけの無人駅です。仮乗降場として開業しましたが、国鉄分割民営化と同時に駅に昇格しました。

中愛別駅

nakaaibetsu_yokota_teruo.jpg
山と川に挟まれた農村地帯に建つ無人駅です。駅から3kmの所に「きのこの里オートキャンプ場」があります。

愛別駅

aibetsu_yokota_teruo.jpg
委託駅でしたが現在は無人駅です。愛別の中心街は川の対岸にあり駅から少し離れています。

人吉駅

hitoyoshi_nishimura_sadao.jpg
熊本県球磨地方の中心で鉄道の要衝でもある。くま川鉄道が分岐し、また、駅構内の西方には1911年築と伝えられる石積の機関庫が現役で残る。かつては矢岳越えの蒸機の基地として繁栄した。駅弁も健在で鮎すしの他数種あり。

六郷土手駅

rokugodote_hongo_yukio.jpg
京急の東京都最南端駅である六郷土手駅の入口は、本線高架(蒲田寄り)の下にあり、相対式のホームが多摩川の土手ぎりぎり(川崎寄り)まで伸びている。その端から、すぐ長い鉄橋が川崎構内のポイントまで続く。天気良く空気がきれいだとホームから富士山が見える。明日も良い天気でありますように!

沼南駅

syounan_kato_kazuko.jpg
高架式の駅前は、憩いの場として完備されています。

丸山駅

maruyama_kato_kazuko.jpg
隣には、ニューシャトルの車輌基地があります。

伊香牛駅

ikaushi_yokota_teruo.jpg
委託駅でしたが現在は無人駅です。ログハウス風の駅舎は1988年に完成しました。

将軍山駅

syougunzan_yokota_teruo.jpg
ブロック造りの待合所とホームだけの無人駅です。周辺は田んぼや農家のビニールハウスが広がります。

当麻駅

touma_yokota_teruo.jpg
2005年まで委託駅でしたが現在は無人駅です。駅周辺は商店街や住宅地が広がります。

甲斐大島駅

kaioshima_sano_kazuya.jpg
無人駅で島式ホーム。駅舎内に待合室があり、構内踏切でホームに上がる。駅前には山梨県道10号が並行しており沿道には集落が点在する。田畑も多く、富士川沿いに広がっている。近くには富士川を渡る橋がないので駅の利用には少し不便になる。

鬼子母神前電停

kishibojinmae_kato_kazuko.jpg
近くには、東京メトロ副都心線の雑司が谷駅ができました。

内船駅

utsubuna_sano_kazuya.jpg
無人駅で、駅舎内には広い待合室があり、島式ホームへは構内踏切を渡って上がる。ハイキングやトレッキングの最寄りの駅。駅前は商店やコンビニがあり、周辺は住宅が多く、小学校や自動車学校等もあります。

十島駅

tooshima_sano_kazuya.jpg
無人駅で駅舎内は待合室になっている。 島式ホームで構内踏切を渡って上がる。駅前にはタクシー乗り場と町営バス停がある。また集落になっていて商店が数店あったが、今は閉まっており閑散としている。

川越市駅

kawagoeshi_hongo_yukio.jpg
この駅の隣には以前、電車庫が設けられていたそうですが、現在は川越工場となっています。
 駅前部分は、歩道か車道か、わかりずらいです。

板橋駅

itabashi_hongo_yukio.jpg
この駅の所在地は、板橋区、北区、豊島区の境にありますが、ホームの大半が豊島区だそうです。西口と東口がありますが、夏の暑さを安らげる憩いの場で、噴水があるのが滝野川口(東口)です。昔は貨物駅としても機能していました。

東白楽駅

higashihakuraku_hongo_yukio.jpg
昔、六角橋方面まで横浜市電が走っていました。JRの東神奈川駅はバス停で二つ目の近さです。
 横浜方向はこの先、みなとみらい線直通運転の関係で新しくなって地下にもぐりますが、その途中の線路脇ば整備されて、せせらぎの水の流れる散歩道ができました。

白楽駅

hakuraku_hongo_yukio.jpg
各駅停車のみ停車する駅。相対式ホームだが、意外ときついカーブとなっている。
 駅前の向かいすぐに、全国人気味一番! の駅前立ち食い蕎麦屋(座席もあり)があります。商店街を横浜方向から一筋ずれて、細い平行のアーケードには懐かしいおもちゃ屋等があります。他にも食に関するお買い得店があったりして、色々と楽しいです。

北池袋駅

kitaikebukuro_hongo_yukio.jpg
大ターミナル池袋を出発し、東武東上線普通の次駅停車駅。駅の前を埼京線(赤羽線)が走り抜けてゆく。池袋方向には、JR山手、埼京線の車庫(池袋運転区)が見える。当駅のホームの池袋方はかなり狭くなっている。

木崎駅

kizaki_honjo_yuji.jpg
木造で瓦屋根のどっしりした駅舎です。

三枚橋駅

sammaibashi_honjo_yuji.jpg
木造のいい味を出している駅舎です。駅前は自動車がギリギリ1台通れるスペースしかありません。

上神梅駅

kamikanbai_honjo_yuji.jpg
足尾線の蒸機時代にトリップ出来る情景です。

西武新宿駅

seibushinjuku_hongo_yukio.jpg
この駅前、日曜の朝は静かだ! 昨夜は打って変わって騒がしかったでしょう。すぐ道路一本隣が天下の歓楽街、歌舞伎町です。今日も沢山の人々がショツピングやデートなどで活気が沸き始まるのでしょう。海外の観光客も多いそうです。

馬橋駅

mabashi_usami_yasutaka.jpg
総武流山電鉄総武流山線の起点駅。JR常磐線馬橋駅との乗換駅(連絡運輸有り)。馬橋駅を出た総武流山線はJR常磐線西側の新坂川に沿って北上する。駅周辺は住宅地があり、商店やスーパーマーケットが点在する。
 2008年8月1日より、総武流山電鉄株式会社は流鉄株式会社に社名変更、路線名を総武流山線から流山線に変更する(馬橋駅に社名、路線名変更のお知らせ掲示あり)。

小金城趾駅

koganejoshi_usami_yasutaka.jpg
島式1面2線の橋上駅で総武流山線で唯一の交換可能駅。実際の運行時も交換がある。駅舎は店舗と住宅の複合建物で現在の駅ビルのコンセプトに繋がるものを感じる。
 駅周辺は住宅街と畑が混在した静かな環境にある。

鰭ヶ崎駅

hiregasaki_usami_yasutaka.jpg
読みは「ひれがさき」。JR武蔵野線・つくばエクスプレスの南流山駅まで徒歩で10分ほど。駅周辺は畑、宅地があるが道幅は狭い。東洋学園大学(旧東洋女子短大)最寄り駅。
 つくばエクスプレスのトンネルは鰭ヶ崎の平和台方400mあたりで交差している。筑波高速度電気鉄道の計画では付近のルートは早稲田(三郷)-流山-初石となっていて、総武流山電鉄流山駅との交通結節点の構想があった。

平和台駅

heiwadai_usami_yasutaka.jpg
駅名は、平和不動産が開発・分譲した住宅地名に由来する。駅周辺はイトーヨーカドー、ビバホーム、商店街あり、駅東側は住宅地が広がる。

流山駅

nagareyama_usami_yasutaka.jpg
総武流山線5.7kmの終点駅。島式1面2線で駅舎と検車区等がある。延伸に関しては東武野田線の江戸川台駅接続、さらに東北本線小山方面の構想もあった。
 駅周辺は近藤勇陣屋跡、キッコーマン(旧万上)流山工場、流山市役所など。西に350mほどで江戸川があり、川向こうは東京都ではなく埼玉県三郷市となる。
 国土交通省、関東運輸局管内関東の駅百選の第2回1998年(平成10年)選定駅。

井出駅

ide_sano_kazuya.jpg
無人駅で単式ホームの待合所がある。駅前には山梨県道10号が沿線に通っており、県道を挟んで富士川の広大な河川が広がっている。当駅は天使湖等へと行くハイキングコースの最寄りの駅です。

滝山駅

takiyama_matuoka_nobuhiko.jpg
鼓滝の源を擁する丘陵の俗称に駅名の由来を求めている。文化会館、川西警察署への最寄駅。

奈良駅

nara_matsuoka_nobuhiko.jpg
2008年6月29日から2~4番線(関西本線系統)が高架ホームになった。今後は1番線(桜井線系統)の高架化と駅舎並びに周辺整備が続く。

桜岡駅

sakuraoka_yokota_teruo.jpg
委託駅でしたが現在は無人駅です。駅舎は待合所の扱いになっています。
 付近には特に何もありませんが、桜岡の集落があります。

北日ノ出駅

kitahinode_yokota_teruo.jpg
ブロック造りの待合所とホームだけの無人駅です。旭山動物園に最も近い駅ですがそれでも2kmほどあり、列車の本数も少なく当駅からは不便です。

尻手駅

shitte_hongo_yukio.jpg
この地は川崎市幸区南幸町なのですが、駅名は西隣の横浜市鶴見区の尻手なのです。よく各地である事ですが線路、駅舎、ホーム等が元ある所から改良工事で移動したりで不思議な事になっている事もあるのかもしれません。

浜川崎駅

hamakawasaki_hongo_yukio.jpg
この駅は鶴見線と南武線が道路を跨いでいるので、別々の駅の様な感じです。乗り換え時Suica等のカード使用時はノータッチでないと、別々の料金になるので注意!
 近くに川崎鶴見臨港バスの営業所(車庫)があり、70周年記念のバスコレクションの販売時は早朝からすごい人の列でした。

浅野駅

asano_hongo_yukio.jpg
この駅は海芝浦方面と扇町(大川)方面の分岐駅で、周りはJFE、東芝の事業所、工場があります。近くに入船公園があり、その中に野球場がありますが、水はけが悪く、雨天になると二日先まで使用出来ないこともあります。

弁天橋駅

bentembashi_hongo_yukio.jpg
鶴見線の車庫が鶴見寄りにあります。各駅間が短い所が多く、のんびり気分でゆっくりと走行している感じです。土休日の日中は一時間2本の運転です。

鶴見小野駅

tsurumiono_hongo_yukio.jpg
この駅の近辺は沖縄県の出身者が多く住んでいて、商店では沖縄産のものが手に入ります。沖縄の独特な名前の印鑑もあります。最近は工場の跡地に、ぞくぞくとマンションが立ち並んでます。

港町駅

minatocho_hongo_yukio.jpg
ここは以前コロンビア前駅で、裏にその工場がある。一部すごく古い建物があり、その荷物用エレベーターが手動で超古い! ものがありました。 現在もあるのでしょうか?
 この駅は京急線72駅のなかで、一番乗降客数4,215人(2006年度)と、一番少ないそうです。

鈴木町駅

suzukicho_hongo_yukio.jpg
全国のスーさん!元気ですかー! 「鈴木」という名字は全国に多く、テレビ、映画などでもよく出てきます。この駅名は、はじめは「味の素前」だったそうで、その創設者鈴木家から地名も鈴木町となり、現在に至るそうです。全国の鈴木様、記念に切符をお買い求めにいらしてみては?

花月園前駅

kagetsuenmae_hongo_yukio.jpg
ここは、戦前までは子供達が喜ぶ遊園地があったそうです。戦時中は高台に高射砲陣地があったそうです。
 現在は、大人の遊び場・競輪場の下車駅です。この横浜―川崎間は快特等が普通3~4本を追い抜いて、軽快に走りに抜けて行きます。

西梅田駅

nishiumeda_matsuoka_nobuhiko.jpg
同じ「梅田」でも、こちらは地下鉄四つ橋線の起点。地下鉄梅田・東梅田に比べると地味な存在だが、西梅田駅再開発地域に隣接し、阪神梅田駅、JR大阪駅桜橋口、JR東西線北新地駅からの利便性は高い。

平野駅

oosakashihirano_matsuoka_nobuhiko.jpg
かつての南海平野線平野駅に代わる路線の駅。谷町線はこの辺りも、阪神高速松原線の基礎を兼ねる。駅前には平野区役所がある。

西武秩父駅

seibuchichibu.jpg
西武秩父線の終着駅。駅前には仲見世通りがあり、通り抜けるとそこはもう秩父鉄道御花畑駅のすぐそばです。

鬼怒川温泉駅

kinugawaonsen_yoshida_takahiro.jpg
東京の奥座敷である鬼怒川温泉の玄関口で、駅前広場には足湯がありました。島式2面4線の地上駅。

雑司が谷駅

zoshigaya_kato_kazuko.jpg
駅前にでると、池袋方面にまっすぐに延びた都電荒川線が走っています。

内宿駅

uchijuku_kato_kazuko.jpg
通称:ニューシャトルの横を上越新幹線が並行に走っていて迫力があります。

宇治駅

uji_kato_kazuko.jpg
平等院鳳凰堂へは、ここで降ります。駅前には、お茶つぼの形をしたポストがあって、さすが宇治茶で有名な町です。

琴電琴平駅

kotodenkotohira_kato_kazuko.jpg
JR琴平駅との距離は、歩いて2~3分です。ちょうどツバメが子育て中でした。

新子安駅

shinkoyasu_hongo_yukio.jpg
この駅のホームの東京方は直線が続き、架線の支柱も線路の内側にはなく、また午後からは、日当たりも良いことから撮影ポイントにもなっている。平成生まれの209系もあと2年程で姿を見られなくなるようです。夕方頃には、下りの〈はやぶさ、富士〉号を、待ち構えている人達がいます。

大倉山駅

okurayama_hongo_takiko.jpg
大倉山駅は、東急東横線の各駅停車駅です。この駅の近くには、有名な大倉山記念館があります。また記念館に行く坂の途中の左側には、おしゃれなパン屋さんがあります。記念館のさらに奥へ行くと梅園があり、梅祭りには、人、人で賑わいます。

輪西駅

wanishi_yokota_teruo.jpg
工業地帯に建つ無人駅です。駅舎は開業当時の建物らしいです。駅裏には新日本製鐵室蘭製鉄所 があります。

本輪西駅

motowanishi_yokota_teruo.jpg
JR北海道とJR貨物の駅で窓口は委託です。当駅から新日本石油精製室蘭製油所へ続く専用線が分岐しています。

板荷駅

itaga_honjo_yuji.jpg
背後の山並みの景色が特徴の駅。昔ながらの古い駅舎で利用客は少ないが有人駅となっている。

北鹿沼駅

kitakanuma_honjo_yuji.jpg
開業以来の姿を残す、懐かしい駅舎です。住宅地の外れにあり、のんびりひなびた雰囲気がたまりません。

小野上駅

onogami_kimura_kazuhiro.jpg
無人の交換可能駅。バラスト砕石採取場が近接する広い構内を持つ。

汐留駅

shiodome_usami_yasutaka.jpg
ここから、ゆりかもめ芝浦ふ頭駅までは旧芝浦貨物線跡地を利用する。ゆりかもめ、大江戸線ともに駅舎の基本構造は出来上がっていたが、2002年11月に汐留地区再開発の進捗に合わせ、大江戸線と同時に開業。駅周辺には日本テレビ、共同通信社本社、電通本社などがある。

竹芝駅

takeshiba_usami_yasutaka.jpg
ゆりかもめではこの駅だけが対向2面2線構造の高架駅である。連絡通路で駅名由来の伊豆七島、小笠原諸島への航路が発着する竹芝桟橋に直結している。
 JR、モノレールの浜松町駅から徒歩(10分)による乗船客が多い。浜松町駅との途中には首都高速環状線が通っており、その下の道路は幅が広く、荷物を抱えた人やお年よりは歩行者用の青信号を一回で渡りきれない場面が見受けられる。

日の出駅

hinode_usami_yasutaka.jpg
隅田川を運行する水上バス、お台場方面を結ぶ海上バスの「日の出桟橋」への最寄り駅。一期開業区間では、一日の乗降客が少ない方の駅。

芝浦ふ頭駅

shibaura_usami_yasutaka.jpg
周辺は倉庫街になっている。ゆりかもめ以外はJR田町駅まで20分ほどの距離。高架の構造は一般道、ゆりかもめ、首都高速11号台場線の三層構造になっている。レインボーブリッジの歩道「レインボープロムナード」への最近駅。
 ここから先の台場方面は東京湾を渡ることになり、首都高速はそのまま上部で大きな弧を描いてレインボーブリッジに繋がるが、一般道とゆりかもめはループを描きながら両側が道路、真ん中にゆりかもめと並走でレインボーブリッジの下部を台場方へ渡っていく。

竪堀駅

tatebori_sano_kazuya.jpg
高架下の駅舎であり有人駅で自動券売機がある。複線の対向式ホームで、晴れていれば富士山をホーム上から眺めることができる。駅前は田んぼが多く、住宅地がここ数年で増えた。

三鷹台駅

mitakadai_nakanishi_yuichi.jpg
周辺は閑静な住宅街で、北側に神田川が流れています。近くに立教女学院があり、日中は小学生から短大生まで、多くの学生の姿が見られます。

井の頭公園駅

inokasirakouen_nakanishi_yuichi.jpg
吉祥寺駅の隣の小さな駅で、井の頭公園の東側にあるため、周辺は木立の緑が豊です。ドラマやCMの撮影によく使われているようです。

山部駅

yamabe_yokota_teruo.jpg
1994年まで委託駅でしたが現在は無人駅です。駅周辺が山部の市街地になってます。

西中駅

nishinaka_yokota_teruo.jpg
ログハウス風の待合所とホームだけの無人駅です。駅から徒歩8分の所に万華の湯(温泉)があります。

中富良野駅

nakafurano_yokota_teruo.jpg
委託駅でしたが2007年に無人駅になりました。駅舎は1986年に改築されています。駅裏に冬はスキー場、夏はラベンダー畑になる北星山があります。

成城学園前駅

seijogakuenmae_hatanaka_shinji.jpg
開設日1927.4.1。2007年度平均乗降人数83,805人/日(13位/70駅)の急行停車駅。複々線区間の島式ホーム2面4線の地下駅。駅ビルの成城コルティには三省堂書店、Odakyu OXストアなどがはいっている。

祖師ヶ谷大蔵駅

soshigayaokura_hatanaka_shinji.jpg
開設日1927.4.1。2007年度平均乗降人数41,876人/日(27位/70駅)の区間準急停車駅。複々線区間の通過線2線を挟んだ相対式ホーム2面2線の高架駅。接近メロディに「ウルトラマン」と「ウルトラセブン」が使われている。また周辺にはウルトラマン商店街がある。

千歳船橋駅

chitosefunabashi_hatanaka_shinji.jpg
開設日1927.4.1。2007年度平均乗降人数50,966人/日(20位/70駅)で区間準急停車駅。複々線区間の通過線2線をはさんだ相対式ホーム2面2線の高架駅。

経堂駅

kyodo_hatanaka_shinji.jpg
開設日1927.4.1。2007年度平均乗降人数68,703人/日(16位/70駅)の多摩急行停車駅。急行は平日日中、休日終日停車。複々線区間にあり、島式ホーム2面4線に加え上り通過線1線を持つ高架駅。

豪徳寺駅

gotokuji_hatanaka_shinji.jpg
開設日1927.4.1。2007年度平均乗降人数26,663人/日(41位/70駅)で区間準急停車駅。複々線区間の通過線2線をはさんだ相対式ホーム2面2線の高架駅。東急世田谷線(山下駅)乗換駅。

梅ヶ丘駅

umegaoka_hatanaka_shinji.jpg
開設日1927.4.1。2007年度平均乗降人数26,901人/日(40位/70駅)の区間準急停車駅。複々線区間の通過線2線をはさんだ相対式ホーム2面2線の高架駅。最寄りの羽根木公園には梅林、プレーパーク、スポーツ施設がある。

世田谷代田駅

setagayadaita_hatanaka_shinji.jpg
開設日1927.4.1。開設当時は世田ヶ谷中原で現称は1946.8.2から。2007年度平均乗降人数8,853人/日(63位/70駅)の各駅停車駅。複々線工事中。現在地上駅だが2013年完成時には地下駅となる。

下北沢駅

shimokitazawa_hatanaka_shinji.jpg
開設日1927.4.1。2007年度平均乗降人数135,339人/日(8位/70駅)の快速急行停車駅。複々線工事中。現在地上駅だが2013年完成時には緩行線と急行線の2層構造の地下駅となる。京王井の頭線乗換駅。

東北沢駅

higashikitazawa_hatanaka_shinji.jpg
開設日1927.4.1。2007年度平均乗降人数7,580人/日(65位/70駅)の各駅停車駅。複々線工事中。現在地上駅だが2013年完成時には地下駅となる。

代々木上原駅

yoyogiuehara_hatanaka_shinji.jpg
開設日1927.4.1。2007年度平均乗降人数214,530人/日(3位/70駅)。島式ホーム2面4線の高架駅で東京メトロ千代田線乗換駅。快速急行停車駅。地下鉄直通のロマンスカーは代々木上原に停車するが、乗務員交代のための停車であり乗客は乗降できない。

代々木八幡駅

yoyogihachiman_hatanaka_shinji.jpg
開設日1927.4.1。2007年度平均乗降人数21,623人/日(46位/70駅)。相対式ホーム2面2線の地上駅。急カーブ上にホームがある。各駅停車駅。乗換駅ではないが東京メトロ千代田線代々木公園駅が近くにある。

石橋駅

ishibashi_matsuoka_nobuhiko.jpg
箕面線の分岐駅。この付近では池田・豊中・箕面の各市の境界線が入り乱れている。この駅付近は大阪大学など各種学校も多く、また、宝塚線・箕面線の乗換客で、一日中賑わいのある駅。

天満橋駅

temmabashi_matsuoka_nobuhiko.jpg
その名の通り、天満橋の袂にある。淀屋橋延長までは、ここが京阪の大阪側のターミナル。京阪自慢の「複々線」の起点はこの駅。今秋開業の「京阪中之島線」もこの駅から分離する。一方の地下鉄谷町線は、京阪線と垂直に交わる形になっている。

北浜駅

kitahama_matsuoka_nobuhiko.jpg
難波橋の袂にある。京阪と地下鉄堺筋線の接続駅。京阪淀屋橋とは至近距離のため、編成半分を北浜駅ホームに残したままで淀屋橋駅入駅の信号待ちをする電車の姿をよく見かける。
 大阪証券取引所、大阪高等(地方・簡易)裁判所、大阪弁護士会への最寄駅ということで、正に、「法律と経済の街の駅」といった感じである。

谷町四丁目駅

tanimachiyonchome_matsuoka_nobuhiko.jpg
谷町線と中央線が交差する駅。双方の乗換は比較的容易い。上町台地の稜線のほぼ真下にある駅で、NHK大阪、大阪歴史博物館、難波宮跡、大阪家庭裁判所などへの最寄駅。

東梅田駅

higashiumeda_matsuoka_nobuhiko.jpg
「梅田」がつく駅でも、こちらは谷町線の駅。場所的には曽根崎警察署の隣。以前はこの駅が谷町線の起点だった。

幸谷駅

koya_hongo_yukio.jpg
流山線は全駅数6駅で、全線5.7kmを11分で走っています。2005年のデーターでは、3,082人(1日平均)で同線で一番利用客が多いそうです。pasmo等のカードは使用出来ません!
 当駅の所在地は新松戸で、すぐ東隣にはJR新松戸駅がありますが、当時の地名は幸谷でした。

源道寺駅

gendouji_sano_kazuya.jpg
駅は無人で待合室がある。弓沢川を跨いでおり、ホームが橋になっている。駅周辺は工場や学校があるため朝夕は通勤、通学客が多い。

神奈川駅

kanagawa_hongo_yukio.jpg
日本一多くの鉄道事業者(6社局)が走る横浜駅。そして、私鉄では日本一の12輌編成で走る京浜急行線の東京寄り一駅目がこの神奈川駅で、4輌、6輌の普通のみが停車する。駅は相対式ホームとなっているが、ホームは広いとは言えないかも。
 江戸時代末期に13代将軍・徳川家定と江戸城で対面した米国初代駐日公使タウンゼント・ハリスはそののち、駅近くの本覚寺に一時住んでいたそうです。

生麦駅

namamugi_hongo_yukio.jpg
ここは日本史でご存知の生麦事件の現場近くの駅。国道15号(第一京浜)に其の碑があり、近くに私設の参考(資料)館があります。
 近くにはキリンビール横浜工場があり、以前はふらっと見学してビールを試飲することができましたが、現在は前日までに見学の予約をして、ガイドさんの引率でたっぷりと見て学んでからでないと、試飲ができなくなってしまいました!

三崎口駅

misakiguchi_hongo_yukio.jpg
現在は当駅が終点ですが、後一駅、油壺駅?までの延伸が計画されている。2100系がこのホーム上で折り返し時に車輌の端を除くすべての座席が、出発進行方向に音を立てて自動で転換するのは見物。

三浦海岸駅

miurakaigan_hongo_yukio.jpg
この駅のホームに降り立つと海に来た! と、潮の香りをそよ風に感じる。京急線で一番独特の南国のホーム、独特な特製ベンチが印象的。

参宮橋駅

sangubashi_usami_yasutaka.jpg
駅名由来の参宮橋が駅の新宿方に架かっている。明治神宮の最寄り駅であり、初詣の頃は大勢の乗降客であふれることから臨時の改札口も設けられ、臨時特急も停車する。跨線橋、ホームの壁に「明治神宮下車駅」の大きな表示がある。
 付近の地形は線路、一般道、首都高が立体的に配置されて起伏の多い地形となっている。参道は西参道。初詣時期だけではあるが、1番線(小田原方)ホーム(神宮側)にエスカレーターの設置と参拝客用の改札口が出来れば人の流れがかなりスムーズになると思われる。

白金高輪駅

shirokanetakanawa_usami_yasutaka.jpg
東京地下鉄南北線と都営地下鉄三田線の地下鉄駅。仮称は都電の電停から「清正公前」だったが、東京地下鉄側の計画と地域地名の使用から現在の駅名に。「しろかねたかなわ」と濁らない(画像は出口1、港区役所高輪支所併設)。
 三田線は当初計画で軌間1,435mmで三田以西は五反田―浅草線―横浜方面に乗入れる案もあったが、1,067mで施行され、現在の南北線との共用で目黒以西の運行となっている。
 このように三田線は軌間選定に振り回された過去がある。

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2014 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.