北海道地方

◎SL冬の湿原号(JR北海道)

 白銀の釧路湿原を走るSL列車。運行期間は短いが、雪景色を楽しめるSL列車は珍しい。

2011_01_23_sasaki_yuji001.jpg

11.1.23 根室本線 釧路―東釧路 P:佐々木裕治
鉄道投稿情報局より

■運行区間
 北海道・釧路駅〜標茶駅間
■運行日
 2021年1月23日(土)・24日(日)、30日(土)・31日(日)、2月5(金)〜14日(日)、19日(金)〜23日(火・祝)、27日(土)・28日(日)
■乗車時間(始発駅~終着駅)
 1時間30分(往路)
 1時間42分(復路)
■料金(始発駅~終着駅)
 乗車券1,290円+指定席券840円(片道。こどもは半額)
※全席指定列車のため、事前予約が必須。みどりの窓口、えきねっとなどにて購入。
■みどころ・その他
・ラムサール条約に登録されている釧路湿原を通る。湿原を見るならば窓側席の確保がおすすめ
・2号車は旧型客車、それ以外の車両は14系。雰囲気を楽しむならば2号車がおすすめ

🔶詳しくはこちら

東北・中部地方

◎SL銀河(JR東日本)

 2014年に誕生したSL列車で、宮沢賢治の小説、『銀河鉄道の夜』をモチーフにしている。車内は宮沢賢治の生きた明治~大正時代の趣を再現している。なお、今シーズンの運転は終了している。

20190507222935-872c3b9d2a37b4cdfa3de10fd06eb783cb4f481c.jpg

‘19.4.29 釜石線 新花巻~小山田 P:松田重彦(大阪府)
鉄道投稿情報局より

■運行区間
 花巻~釜石
■運行日
 4月~9月を中心に運転。
■乗車時間(始発駅~終着駅)
 4時間31分
■みどころ・その他
・各車両に「宮沢賢治ミュージアム」を設置、宮沢賢治の世界観を多方面から体感できる
・コロナ禍で使用中止になってはいるが、「プラネタリウム」が設置されている

🔶詳しくはこちら

◎SLばんえつ物語(JR東日本)

 1999年に運行を開始したC57 180が牽引する「SLばんえつ物語」。沿線は阿賀野川沿いの渓谷や会津盆地から望む磐梯山など風光明媚な車窓が多く、路線愛称「水とロマンの鉄道」がついている。また、先日デフレクター「除煙板」が「門鉄デフ」と呼ばれる形に取り換えられ現在注目を集めている。

’20.11.22 磐越西線 堂島~笈川 P:廣瀬 匠

■運行区間
 新潟県・新津~福島県・会津若松
■運行日
 11月14日、15日、21日、22日、28日、29日
 12月5日、6日(12月は「C57+12系7両SLクリスマストレイン」として運行)
■乗車時間(始発駅~終着駅)
 3時間30分(往路)
 3時間15分(復路)
■料金
 運賃1,980円+指定席料金530円(こども半額)
※全席指定。みどりの窓口・えきねっとなどにて購入。
■みどころ・その他
・車内に丸型ポストが設置してあり、手紙を投函すると限定の消印が押される
・7号車はグリーン車で、ハイグレードな座席で旅を楽しめるほか、パノラマ展望を楽しめる

🔶詳しくはこちら