ニュース

キハ143形気動車の置換は交流電車で! 737系通勤型交流電車について

2022.08.17

 JR北海道は、老朽化したキハ143形気動車などの置換用として、737系通勤型交流電車を13編成(26両)製作すると発表した。JR北海道の通勤型電車では初めてワンマン運転に対応した車両となっている。詳細は以下の通り。

この記事のすべての画像をみる

■エクステリアデザイン


(プレスリリースより)

 地域の移動手段として通学や通勤で日常的に利用されることから、優しさが感じられ、親しみやすく明るく若々しいイメージとして「さくらいろ」をイメージした淡いピンク色の塗装としている。前面部は、黒色をベースとし、視認性向上を目的にコーポレートカラーのライトグリーンと警戒色の黄色を入れたデザインとしている。

■インテリアデザイン


(プレスリリースより)

 エクステリアと同様、優しさが感じられるデザインとしている。乗降ドアを淡いピンク色とし、座席は、北海道内に咲く色とりどりの花をイメージしたドットをちりばめたデザインになっている。

車両形式:737系通勤型交流電車

■車両の仕様
・車両編成:2両(1M1T)※最大6両まで併結可能
・最高運転速度:120km/h
・車体:アルミ合金製(先頭部:鋼鉄製)
・室内:オールロングシート
・その他:全電気ブレーキ、ワンマン運転等

■車両の特徴
●バリアフリー化の推進
・客室床面を低くし乗降口のステップを無くす。※キハ143形気動車と比較し、19cmの低床化を行っている。
・車椅子の方が利用できる大型トイレを設置する。
・車椅子スペースを設置するほか、各車フリースペースを設置し、車椅子利用の方以外にもベビーカーを利用の方や大きな荷物を持っている方にも快適に利用できるよう配慮されている。
●環境性能の向上
・主変換装置にハイブリッドSiC(シリコンカーバイド)モジュール、照明にLEDを採用し、従来の車両と比較して消費電力を低減している。
●ワンマン運転対応
・JR北海道の通勤形電車では初めてワンマン運転に対応する装置を搭載する。




(プレスリリースより)

■車両の落成時期:2022年冬に最初の編成が落成し、2023年春まで順次落成する。

■車両の運用時期:2023年春より室蘭線(苫小牧~室蘭間)で運用予定

詳しくはこちら
JR北海道ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185系