ニュース

SL大樹にオリジナルヘッドマークとナンバープレートを掲出

2022.04.19

 東武鉄道は、鉄道開業150周年と東武鉄道創立125周年を迎えることを記念して、5月13日(金)〜18日(水)の間、SL大樹にオリジナルヘッドマークとオリジナルナンバー プレートを掲出すると発表した。詳細は以下の通り。


▲オリジナルヘッドマーク(左)オリジナルナンバープレート(右)
(プレスリリースより)

■日時
 2022年4月27日(水)、5月13日(金)〜5月18日(水)
※4月27日は、下今市駅構内にてSL大樹の汽笛吹鳴イベントを実施

■内容
・オリジナルヘッドマーク(C11形207号機・325号機共通)
・オリジナルナンバープレート
 <C11形207号機> 東武鉄道創立125周年を記念したオリジナルナンバープレート
 <C11形325号機> 鉄道開業150年を記念したオリジナルナンバープレート
※5月13日(金)〜16日(月)は、SL大樹は「C11形207号機」にて運行し、「C11形325号機」は下今市機関庫に留置される。
※5月17日(火)〜18日(水) は、SL大樹ふたらは「C11形325号機」にて運行し、「C11形207号機」は下今市機関庫に留置される。


(プレスリリースより)

■オリジナルヘッドマークステッカーのプレゼント
 5月13日(金)〜18日(水)にSL大樹に乗車した方先着1,000名に、オリジナルステッカーを車内にて配布する。

詳しくはこちら
東武鉄道ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185系