ニュース

京阪電車 年末年始の列車運転はどうなる…?

2021.12.15

 京阪電気鉄道では、元日から1月3日にかけて、初詣や初春のお出かけに便利な正月ダイヤで列車を運転すると発表した。

(プレスリリースより)

 正月ダイヤでは“京橋―七条間ノンストップ”快速特急「洛楽」について、午前の京都方面行きを5本、午後の大阪方面行きを4本運転する。また、「プレミアムカー」を連結した8000系・3000系車両は、快速特急「洛楽」および特急と昼間時間帯の一部急行で運転する。

 なお、例年、京阪線・石清水八幡宮参道ケーブルで実施していた大晦日の終夜運転は昨年に続き実施しない。また、最終電車の時間延長運転も実施しない。

年末年始の列車運転について

正月ダイヤについて
 
京阪線では、1月1日(土・祝)から3日(月)までの昼間時間帯(9~16時台)は約15分間隔で運転する。
・京阪本線・鴨東線…「特急」「急行」「普通」をそれぞれ約15分間隔で運転
・中之島線…「普通」を約15分間隔で運転
・交野線・宇治線…「普通」を約15分間隔で運転
・石清水八幡宮参道ケーブル… 約5~10分間隔で運転

正月ダイヤの“京橋―七条間ノンストップ”快速特急「洛楽」について
運転日:2021年1月1日(土・祝)~3日(月)
停車駅:淀屋橋、北浜、天満橋、京橋、七条、祇園四条、三条、出町柳
    ※枚方市、樟葉、中書島、丹波橋には停車しない
出発時刻
 〈上り:淀屋橋発→出町柳行き 快速特急「洛楽」〉

〈下り:出町柳発→淀屋橋行き 快速特急「洛楽」〉

▲快速特急「洛楽」2022初詣 ヘッドマークデザイン(8000系車両のみ掲出)
(プレスリリースより)

「プレミアムカー」の運転について
 以下の列車は、座席指定特別車両「プレミアムカー」を連結した車両で運転する。

🔶詳しくはこちら
🔶京阪電気鉄道WEBサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185系