ニュース

阪堺モ161号、2022年2月末まで通常運行!

2021.11.25

 阪堺電気軌道では、国内現役最古の車両であるモ161形車のトップナンバーで、主に貸切専用として運用しているモ161号車を、期間限定で通常運行すると発表した。

 これは、2021年3月より実施した「モ161号大規模修繕工事」のクラウドファンディングによる修繕が9月に完成し、広く一般の方にも修復した姿を見てもらう機会を…という意図によるもの。12月2日より約3ヶ月間、通常営業電車として運行する。

▲モ161号。(プレスリリースより)

運行期間
 2021年12月2日(木)~2022年2月末頃

運行区間
 天王寺駅前・恵美須町~浜寺駅前 間全線
 ※点検等、車両運用により、運行しない日・区間がある。

※モ161形車の電車位置情報が、南海アプリ(詳しい利用法はコチラ)でも確認できる。

(プレスリリースより)

🔶詳しくはこちら
🔶阪堺電気軌道WEBサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加