ニュース

200型が1800系カラーリングに! 「りょうもう」号として運行

2021.07.15

 東武鉄道は、200型「りょうもう」の一部を8月7日(土)より1800系カラーリング「りょうもう」として運行を開始すると発表した。これは、昨年から今年にかけてデビューから30年を迎えた100系「スペーシア」と200型「りょうもう」の活躍を記念し、日光線・伊勢崎線で活躍した歴代車両を振り返るリバイバルカラー車両企画の第二弾として実施するもの。また、これに合わせ、記念乗車券の販売や1800系カラーリングの200型に乗車するミステリーツアーも行う。詳細は以下の通り。

20180521193331-d8e7370aa704206ee0b44ad8892b9f0d078558e1.jpg

 ’18.5.20 東武鉄道 伊勢崎線 曳舟―東京スカイツリー P:徳丸大樹
今日の一枚より

■1800系カラーリング「りょうもう」について
●実施車両
 200型 2編成(205・209編成)
●運転開始日
 2021年8月7日(土)
 ※塗装が完了した編成から順次営業運転を行う。
●内容
 200型を1800系カラーリングである鮮やかなローズレッドにホワイトのラインを2本配したカラーリングに塗装する。座席についても1800系の座席カラーに変更する。

■記念乗車券について

▲記念乗車券表紙(東武鉄道プレスリリースより)

●名称
 1800系カラーリング「りょうもう」記念乗車券
●発売期間
 2021年8月7日(土)~9月6日(月)
※売り切れ次第終了
※販売開始時間は、各販売場所の営業開始時間となる。
●販売場所
 東武線(合計55駅)
 浅草、とうきょうスカイツリー、曳舟、亀戸、北千住、西新井、竹ノ塚、草加、新越谷北越谷、春日部、北春日部、東武動物公園、久喜、羽生、館林、足利市、太田、伊勢崎、新桐生、佐野、南栗橋、栗橋、栃木、新栃木、新鹿沼、下今市、東武日光、鬼怒川温泉、東武宇都宮、大宮、岩槻、七光台、野田市、流山おおたかの森、柏、新鎌ケ谷、船橋、池袋、下板橋、大山、上板橋、成増、和光市、朝霞台、志木、ふじみ野、川越、川越市、若葉、坂戸、東松山、森林公園、小川町、武州長瀬
●販売数
 3,000セット
※1人5セットまで
●販売額
 1セット 1,000円(税込)
●販売内容
 乗車券3枚
・館林駅200円区間の大人地図式片道乗車券
・太田駅200円区間の大人地図式片道乗車券
・伊勢崎駅から赤城駅行600円の大人片道乗車券
●有効期間
 2021年8月7日(土)~9月6日(月)
 ※有効期間中、各券一回限り有効

■ミステリーツアーについて
●日程
 2021年8月7日(土)
●ツアー内容
・運行区間を明かさないミステリーツアーとして、1800系カラーリング「りょうもう」に乗車
・記念プレート1800系「ビジネスライナー」前頭板レプリカ、記念乗車証付
・ツアー参加者限定車両撮影会、鉄道部品と鉄道グッズの販売

▲1800系「ビジネスライナー」前頭板レプリカ(東武鉄道プレスリリースより)


▲記念乗車証(東武鉄道プレスリリースより)

※販売参加社:東武鉄道、東武博物館
※鉄道部品の販売は抽選販売

●使用車両
 1800系カラーリング「りょうもう」205編成
●募集人員
 190名
●募集期間
 2021年7月16日(金)11:00~
●参加費
 大人:22,000円、子供:20,000円
●ツアー特典
 記念プレート(1800系「ビジネスライナー」前頭板レプリカ)、記念乗車証(D硬券)
●申し込み
 クラブツーリズムウェブサイトより
🔶アクセスはこちら

🔶詳しくはこちら
🔶東武鉄道ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加