ニュース

しなの鉄道 115系電車「横須賀色」7月末で運転終了

2021.03.16

 しなの鉄道は、2021年3月のダイヤ改正で新型車両SR1系を導入したことに伴い、115系電車(S16編成およびS26編成)の営業運転を2021年7月末に終了することを発表した。

今回引退するS16編成(左)S26編成(右)。
(しなの鉄道プレスリリースより)

■しなの鉄道115系S16・S26編成について
 S16編成は1980年3月に株式会社日立製作所で、S26編成は1981年6月に川崎重工業株式会社で新製。
 長野鉄道管理局松本運転所および北松本支所に配置。
 S16編成は1999年にリニューアル工事を施工。
 S26編成のクモハ114形には、運転台取り付け工事が1988年に施工された。

■しなの鉄道転入日
 S16編成:2015年3月12日
 S26編成:2013年6月1日

■特徴
 S16編成は初期のうちにリニューアル工事を実施しているのに対し、S26編成は大規模なリニューアル工事は実施されていない。
 S16編成は2017年夏、S26編成は2018年秋に横須賀色への塗色変更を実施した。

🔸詳しくはこちら
🔸しなの鉄道ウェブページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加