ニュース

筑豊地区を元気に! JR九州『驛印帳(えきいんちょう)』を発売

2021.03.10

 JR九州筑豊篠栗鉄道事業部は、昨今人気の「御朱印集め」を参考に、所属する社員がデザインした『驛印帳』を発売すると発表した。この『驛印帳』にはコロナに負けず、「筑豊地区を中心とする沿線地域を元気にしたい」また「ローカル線を利用した鉄道の旅の魅力を一人でも多くの方に知ってもらいたい」 という思いがこめられている。詳細は以下の通り。

◼️発売開始日
 2021年3月20日(土・祝)

◼️発売部数
 200部

◼️デザイン

(JR九州プレスリリースより)

◼️発売箇所
●「驛印帳(本体)」
・篠栗線:篠栗駅
・筑豊本線:新飯塚駅、直方駅
・日田彦山線:田川後藤寺駅
●「驛印」
・篠栗線:柚須駅、長者原駅、篠栗駅、城戸南蔵院前駅
・筑豊本線:桂川駅、新飯塚駅、直方駅
・日田彦山線:田川後藤寺駅、田川伊田駅

◼️発売価格
●「驛印帳(本体)」
 1冊あたり 2,300円(税込)
●「驛 印」
 1枚あたり 100円(税込)

🔶詳しくはこちら
🔶JR九州ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加