ニュース

ケンコー・トキナー 3月新製品情報

2021.03.01

 ケンコー・トキナーは、2021年春に新製品を発売する。詳細は以下の通り。

◎ZXII プロテクター
 ZXシリーズの新製品。ガラスへの負荷を限りなくゼロにすることで、極めて高い平面性と超高解像を実現した究極のレンズ保護フィルター。また、新開発「ZR01コート」を採用し面反射0.1%の超低反射も実現。

■特長
・進化版フローティングフレームシステム
 ガラスへの負荷を限りなくゼロにする画期的な構造「フローティングフレームシステム」を世界で初めて採用。特殊弾性緩衝剤と枠の構造を見直し、ガラス単体で干渉縞が1本以下という高い平面精度とガラスの平面性と超高解像を実現。

・面精度の比較
 従来、ガラス単体で4本程度であったニュートンリングを1本以下まで抑え、なおかつ枠に入れた状態でガラスにかかる負荷を大幅に軽減。高精度研磨によるガラス単体の平面性だけでなく、フィルター枠に入った状態での高い平面性を実現。

・面反射0.1%の超低反射
・撥水・撥油コート
・滑らかな着脱
・高透過率光学ガラス
・着脱しやすいローレット加工
・ガラス外周墨塗り加工
・日本製
・レンズキャップ取付可能
・紫外線吸収フィルターケース付属

■価格

■発売日:2021年3月11日(木)

🔶詳しくはこちら

◎MCプロテクター プロフェッショナル NEO(W) 112m
 マルチコートを施した大口径レンズ保護フィルター「MCプロテクター プロフェッショナル NEO」の112mm薄枠タイプ。
 フィルターガラス両面に、面反射1%以下の高精度マルチコートを施し、デジタルカメラの撮像素子に最適化されてある。
 屋外撮影での砂ぼこりやゴミなどから大切なレンズを保護し、拭き傷防止に役立つ。

■希望小売価格:32,000円

■発売日:2020年3月19日(木)

🔶詳しくはこちら

◎バリアブルNDXII
 減光量を調整できる可変式NDフィルター。一眼動画撮影の露出オーバーを防ぎ、静止画でのスローシャッター撮影に使用することができる。
 2011年発売の「バリアブルNDX」を進化させ、従来品よりお求めやすい価格に設定。色のニュートラル性をアップし、新たに着脱可能なレバーを採用。回転枠の可動範囲を90°にすることで操作性が向上している。
 新製品としては67mmモデルが登場。計3種類のフィルタが販売される。

■特長
・色カブリせずに減光
 新開発の偏光膜採用によりニュートラルな色味を実現

・可動範囲90°、着脱可能なレバー付き
 動画撮影で便利なレバーが付属。可動範囲を90°にすることでスムーズな撮影が可能になる。

・偏光効果を起こさない設計

■価格

■発売日:2020年4月16日(金)

🔶詳しくはこちら
🔶ケンコー・トキナーウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加