ニュース

JR九州 香椎線で自動列車運転装置の実証運転を実施!

2020.12.23

 JR九州では少子高齢化や人口減少が進む中で鉄道ネットワークを長期的に維持していくために、安全性を維持・向上しながら効率化を推進している。
 この政策の一環として当面の間、運転士が乗務した状態の営業列車で、自動列車運転装置を用いた自動運転を行う。


(JR九州プレスリリースより)

■目的
 運転士が乗務した状態で ATS-DK をベースとした自動列車運転装置を用いた営業運転を行い、在来線における自動運転列車の運行に関する知見を蓄積する。
※ATS 区間、踏切有、JR 線における自動運転は国内初導入となる。

■内容
 自動列車運転装置による車両制御の安定性、運転取扱いの変更点における検証、運転士の心理的影響の把握

■実施区間・使用車両
 香椎線 西戸崎駅~香椎駅間
 BEC819系(DENCHA)1編成(2両)

■開始時期・実施列車
 2020年12月24日(木)9:00発 西戸崎駅行 香椎駅出発時から

■今後の目標について
 2021年度末までに運転士が乗務した状態でATS-DKをベースとした自動列車運転装置を用いた営業運転の区間拡大(香椎~宇美間)、対象列車拡大を目指す。

🔸詳しくはこちら
🔸JR九州ウェブページ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加