ニュース

東武鉄道、SL復元機の車両番号を「C11形123号機」に決定

2020.11.08

 東武鉄道は、2021年冬の完了を目指して復元作業を進めているSL復元機について、車両番号を「C11形123号機」に決定した。
 これは、東武鉄道が2020年11月1日(日)に創立123周年を迎えこの123周年がSL事業の転換期を迎える年であることに加え、日本国内において唯一同一形式の車両による3機体制となることから、1→2→3(ホップ、ステップ、ジャンプ)と将来に向かって更なる飛躍を車両番号で表現したもの。詳細は以下の通り。

■復元予定日
 2021年冬

■復元作業実施場所
 南栗橋SL検修庫

▲C11 123復元作業風景

C11形123号機について
  1947年に江若(こうじゃく)鉄道(滋賀県)の発注により、日本車輌製造にて製造。同鉄道で客車を牽引したのち、1957年から雄別炭礦(ゆうべつたんこう)鉄道(北海道)、1970年から釧路開発埠頭(同)にて貨物列車用として活躍。1975年廃車後、静態保存されていた。

▲雄別炭礦鉄道時代の C11。 1 1969 年2月 11 日 鶴野にて
撮影:石川一造 提供:名取紀之(東武鉄道プレスリリースより)

 

🔶詳しくはこちら
🔶東武鉄道ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加