ニュース

物流博物館上映会「黎明期のフレートライナーとその時代」

2020.11.02

 物流博物館は2020年度第7回マンスリー上映会「黎明期のフレートライナーとその時代」を開催する。11月は鉄道とトラックの協同一貫輸送が急速に拡大する契機となった「山陽フレートライナー」の運行から50年を迎えたことにちなんだ企画で、合わせて国鉄が作成したパンフレットの展示も行う。詳細は以下の通り。

■開催日
 2020年11月29日(日)

■時間
①10:30~11:30
②14:00~15:00

■上映作品
・この変貌の日に
 高度経済成長期の、新しい変化に富んだ時代に対応した、日本通運の陸海空の輸送の姿を概観した作品。

・荷役は変る-第四集 システム化への道-
 流通革新における荷役・輸送・保管・包装・情報などの部門別の改革から、個々の輸送技術の機能的な組み合わせ=システム化による効率化が求められる中、パレチゼーション、コンテナリゼーション、トレーラー方式などシステム輸送の基本となる作業方式について、さまざまな実例を挙げながら解説した作品。

■定員
 各回15名 ※要電話予約(名前・住所・電話番号必須) 

■参加費
 無料(※別途入館料)

■問い合わせ・予約先
 物流博物館 Tel. 03-3280-1616

🔶詳しくはこちら
🔶物流博物館ウェブページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加