ニュース

阪堺電車で筑鉄電車カラーの電車が登場

2020.08.26

 筑豊電気鉄道と阪堺電気軌道では、2020年9月19日より両社の認知度向上を図るため、共同で沿線のPR 活動第1弾の企画として、現在筑鉄電車で運行している西鉄北九州線廃止20周年記念号(通称:赤電「あかでん」※1)のカラーリングを、阪堺電車の車両(モ161形車※2)に塗装し、運行することを発表した。

※1 西日本鉄道㈱北九州線(2000年11月廃止)と筑鉄電車で2006年まで活躍し親しまれていたカラーで、今年5月より西鉄北九州線廃止20周年企画として筑鉄電車で赤電カラーが復活・運行中。

※2 昭和3年製で、日本で通常営業する電車として国内最古の車両

▲筑鉄電車の赤電(ニュースリリースより)

▲阪堺モ161形電車(ニュースリリースより)

◎筑鉄電車と阪堺電車 の共同 PR 企画について

■実施期間
 2020年9月19日~3年間(予定)

■内容
●塗装車両の運行
 阪堺電車のモ161形1両を筑鉄電車の赤電カラーに塗装(2020年度実施)

●運行期間
 2020年9月19日(土)~3年程度(予定)

※9月19日(土)・20日(日)に実施する撮影会ツアーが初披露。
※通常運行は、非冷房車のため10月中旬から11月上旬を予定。

● 筑鉄電車の車両1編成を阪堺電車の塗装で運行(2021年度実施予定)
・運行期間
 2021年度上期~未定
※塗装内容等の詳細については、決定次第告知予定。

■沿線PR
 両社の電車内や駅貼ポスター等を活用し、沿線情報などのポスター等を掲出

■今後の予定
・両社沿線の名産品を食す貸切ツアーの実施
・塗装変更した車両の撮影会ツアーの実施 (9月19日・20日に実施予定)
・コラボ乗車券の発売
 など

🔶詳しくはこちら

🔶阪堺電気軌道ウェブページ

🔶筑豊電気鉄道ウェブページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加