ニュース

マイクロエース 相鉄7000系/モヤ700形

2015.06.18
20150618172041-fca55aed212deb7656bbc30eef2c86e62fc8fced.jpg
★相鉄アルミカーの代表選手、7000系とその改造車であるモヤ700形がマイクロエースから発売。
★7000系は前面デザイン等が変更される前のいわゆる「旧7000系」で、7708以下の基本編成8輌を基本セット、横浜方に付く7005-7142のユニットを増結セットに設定。パンタは基本編成のみシングルアームで、10連時には2種のパンタが混在する。車体には現行CIロゴを印刷済。
★モヤ700は7000系の改造車とはいえ、702・704は中間車改造で前面が非貫通式であるほか、一部側窓の埋込、検測機器の搭載など1輌ごとに改造内容が異なるため、ボディは各車とも専用品。
★モヤは全車の前灯・尾灯のほか、701・702の架線検測用サーチライトも点灯。この関係で両車は室内灯非対応となる。また前頭・尾灯は消灯できる(702は消灯時、付近のサーチライトも消灯する)。
〔価格〕
●塗装済完成品
7000系8輌基本セット:27,800円+税
7000系2輌増結セット:6,900円+税
モヤ700形4輌セット:17,500円+税
※製品の詳細は6月20日発売の『RM MODELS』240号をご覧ください。また、誌面ではこの他にも魅力的な製品を多数紹介しています!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加