ニュース

KATO クモハ53007+クハ68/クモハ53008+クハ47 飯田線

2013.12.19


★KATOが新たに展開する「飯田線シリーズ」第1弾として、同社Nゲージ製品初となる戦前型の旧型国電が発売。

★製品はクモハ53+クハの2輌編成を2種展開。クモハは関西急電用として「流電」モハ52とモハ43の折衷的な設計で作られた半流・ノーシルノーヘッダーのモハ43のうち、出力増強車が53形に改番されたもの。セットにより張り上げ屋根の007、一般的な雨樋が取り付けられた008を作り分けている。

★クハはそれぞれクハ68420(半流クハ55のセミクロスシート化・トイレ設置車)、クハ47009(旧32系に分類される、クハ47として新製されたタイプ)。

★各車とも特定番号として細部まで正確に再現しているほか、PS11形パンタを新規製作。カプラーは従来のKATOカプラー密連形とは異なる、旧国用の新形状のものが奢られている(電連状の部分がなく、従来品とは連結できない)。

〔価格〕

●塗装済完成品

2輌セット:各8,820円


※製品の詳細・セット内容等は2013年12月21日発売『RM MODELS』222号をご覧ください。また、誌面ではこの他にも魅力的な製品を多数紹介しています!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加