ニュース

マイクロエース キハ47〈指宿のたまて箱〉

2014.02.20


★「いぶたま」こと〈指宿のたまて箱〉は、2011年の九州新幹線鹿児島ルート全通とともに鹿児島中央~指宿間に登場した指宿枕崎線初の定期特急列車。

★使用車輌キハ47は特急化に伴い車内も大改装されたが、模型的には車体中心線を境に海側が白、山側が黒という今までにない塗装が最大の注目点だろう。なお現在は元〈はやとの風〉用キハ140 2066も同列車用に配備されているが、モデルは登場時の2輌編成。

★製品はこの塗装色や緻密な金帯・レタリングを美しく再現するほか、車体、室内パーツは専用品を製作。連結面側客扉上には停車時に玉手箱のイメージで霧を噴出する装置もダミーで表現される。

〔価格〕

●塗装済完成品

2輌セット:10,300円+税


※製品の詳細・セット内容等は2014年2月21日発売『RM MODELS』224号をご覧ください。また、誌面ではこの他にも魅力的な製品を多数紹介しています!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加