ニュース

マイクロエース 481系/483系

2011.09.22

★485系の母体となった交直流特急型電車、481・483系がプラ完成品初の製品化。

★製品の481系は、1964年〈雷鳥〉でデビュー当時の姿。

★483系も1965年〈やまびこ〉で初登場の頃の仕様。

★ボンネット先頭車は、以前の151系よりふくよかな顔つきで好印象。各中間車の印象把握も良好。

★両者ともサロは1等車の標記、方向幕は準備工事を模した車体色。別付のバックミラー、サボステッカー付属。

★前・尾灯点灯(消灯可)、フライホイール付。〈雷鳥〉はフル編成時2モーターとなる。

〔価格〕

●塗装済完成品

481系基本8輌セット:24,780円

481系増結3輌セット:13,440円

483系基本7輌セット:22,470円

483系増結3輌セット:10,395円




○右端はサシ481回送用運転台




○左からサロ481+サシ481




○奥から481系〈雷鳥〉編成、483系〈やまびこ〉編成。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加