ニュース

マイクロエース 200系0番代開業一番列車

2009.10.23

New Model〔ここに注目!〕

★数々の200系新幹線電車を放ってきたマイクロエースが、その基本タイプと言える0番代登場時を再現したモデルをリリース。

★プロトタイプは1982年の大宮~盛岡間暫定開業での〈やまびこ〉一番列車と記念すべきタイトルが冠された、当時の仙台第一新幹線運転所所属のE21編成。

★1985年の上野開業に伴う運転速度向上によって200系はパンタグラフの半減化と高圧引き通し線が屋上に追加され1000番代へと改造されたが、モデルはそれ以前の姿のため、パンタグラフカバーや車輌間を渡す高圧引き通し線のカバーもなくスッキリとした屋上の姿が目を引く。

★先頭車では前製品の1500番代と違う0番代の窓配置を再現。

★基本・増結セットにそれぞれ動力車1輌が入り、12輌フル編成での登坂も心配ない。連結器は同車の新幹線モデルに共通する独自の伸縮カプラーを採用。

★付属品は〈やまびこ〉〈あおば〉〈あさひ〉〈とき〉の各列車用方向幕シールが付属。室内灯は同社の幅広タイプが対応する。



〔価格〕

●塗装済完成品

基本8輌セット:24,780円

増結4輌セット:13,125円



〔セット内容〕

■基本セット:221-21+226-102+225-421+226-103+215-21+226-104+237-21(M)+222-21

■増結セット:226-101+225-41+226-105+225-42(M)

New Model


  • このエントリーをはてなブックマークに追加